2017年12月 7日 (木)

いい年の瀬だ

年末といえば第九のコンサートを聞きたいものだと思っていたら今年は気が付いた時には九響の切符はもう売り切れになっていた。どうやら9月頃から狙わないと駄目なようだ。第九は取れなかったが12月の九州交響楽団の定期演奏会は予約ができてとにかく聞くことにしてもう一つと11月30日にあるランチタイムコンサートをアクロスに聞きに行った。

Wakabayasisuzuki

若林顕 & 鈴木理恵子 デュオコンサートなのだが、クラシックの演奏家は不勉強でよく知らない名前ではあった、切符をとる前に少し調べるとかなりうまい人のようで知る人ぞ知るというポジションの様だ、夫婦のデュオだという。
1時間半の演奏会で1000円は安い。昼からだし気楽に聴けるところもいい。
始まると休憩は無くて2-3曲位ごとに舞台を下がってまた現れる。出ずっぱりでは吹っ切れないのだろう。しかしピアノもバイオリンも確かにうまい、情感があってリズミックなところがある。曲目は
クライスラー 愛の悲しみ
加古隆 アダイ・アダイ
ここからピアノソロ3曲
 リスト 愛の夢
 ショパン 幻想即興曲嬰ハ短調
 リスト ハンガリー狂詩曲第2番
武満徹 悲歌
フランク ヴァイオリンソナタ イ短調
アンコール4曲(最後はモンティのチャルダッシュ)  と、かなりだ。
特にピアノはソロピアノを挟んで引きっぱなしだ。リスト、ショパン、リストと続けて弾いていくには頭の切り替えが大変だろうとみていても思う。エネルギッシュさがある。
デュオ演奏はこれでもか、これでもかと迫ってくる風さえあって特にアンコールは4曲もありその押し出しに次第に聴衆が圧倒されてくる。まるで「拍手が小さいっ」と言われているように次々にアンコール曲が繰り出されてくる。
これだけ立てつづけに聞けば満足したとしか言いようがない。

忘年会だ餅つきだと催しが立て込んでくるといや増しに年末らしくなる。今年も無事に終わるかな、呑気にそんなことを考えて年が暮れていく。いい年の瀬だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

2017年11月の福岡市南区周辺の野鳥

冬鳥の姿が次第に増えてきた。いつものように新市楽池にはハシビロガモとオカヨシガモが現われ油山ではマヒワの群れが見れるようになった。今津に8月位からいるタカサゴモズや飛来したコウノトリも見ることができた。
これからはシロハラの数が増えてきそうだ。

手元のメモに残された記録は下記の通り:

2017.11.3 pm3頃 福岡市南区長丘周辺の野鳥  中公園:アオサギ1  新市楽池:バン

20171112okayasi

3(親1若2)、マガモ2

2017.11.4 pm3-4  福岡市南区長丘周辺の野鳥  中公園:コサギ1、ヒヨドリ3、ジョウビタキ♀1、コゲラ声1  新市楽池:バン4(親2若2)、モズ1、ハシブトJ、スズメ 鹿介池:ジョウビタキ声

2017.11.5 am11  晴 福岡市南区長丘周辺の野鳥  中公園:カワセミ声 新市楽池:バン4(親2若2)、ジョウビタキ

20171112hasibiro

♂1、 鹿介池:カワセミ1、コサギ1、ヒヨドリ3

2017.11.8 am11 曇 福岡市城南図書館裏西ノ堤池の野鳥 マガモ9、モズ1、アオサギ1、コサギ1、ヒヨドリ、ハシブトJ1

2017.11.11 12:30 福岡市大濠公園さつき橋たもと オカヨシガモ2、マガモ、オオバン、ウグイス

20171114kounotori

2017.11.12 am11  晴 福岡市南区長丘周辺の野鳥  中公園:ハクセキレイ1、モズ1、スズメ10、ヒヨドリ5 新市楽池:ハシビロガモ2、オカヨシガモ2、マガモ2、バン3(親2若1)、コゲラ声、 鹿介池:ジョウビタキ♂♀、ハシブトガラス2、バン声

2017.11.13 am11  晴 福岡市南区長丘周辺の野鳥  中公園:カワラヒワ2、メジロ3、シジュウカラ1、コゲラ声 鹿介池:コサギ1、スズメ5、ハクセキレイ2

20171114takasagomozu3


2017.11.14 am10    福岡市油山市民の森 マヒワ20+、トビ、メジロ、コゲラ、ヒヨドリ、シロハラ

2017.11.14 pm3 福岡市西区今津 タカサゴモズ1、コハクチョウ2、コウノトリ1、カササギ1、モズ3+、マガモ、カイツブリ、ダイサギ、ヒドリガモ、ホシハジロ、アオサギ、トビ

2017.11.15 am10 晴 福岡市城南図書館裏西ノ堤池の野鳥 マガモ2、オオバン1、アオサギ1、コサギ1、カイツブリ1、ハシボソガラス1

2017.11.18 am10  曇 福岡市南区長丘周辺の野鳥  中公園:ヒヨドリ、コサギ1 新市楽池:ハシビロガモ3、オカヨシガモ2、マガモ3、バン2 鹿介池:コサギ1、スズメ5、ハクセキレイ2

Misago3a


2017.11.20 pm2  晴 3Cu040 福岡市南区長丘周辺の野鳥  中公園:  アオサギ1、コゲラ2、ヒヨドリ2、シジュウカラ1 新市楽池:ハシビロガモ4、マガモ3、バン2 鹿介池:ヒヨドリ3、ハシブト1

Kurotura2a

2017.11.21 14時  福岡市城南区西南の杜の野鳥 マガモ40、シロハラ、ヒヨドリ、カワセミ1、ヤマガラ、メジロ、カイツブリ、ジョウビタキ

2017.11.28 pm2
福岡市南区野多目池 ミサゴ2、クロツラヘラサギ4、アオサギ5、ダイサギ2、コサギ2、キンクロハジロ30、カイツブリ8、マガモ10+、ハシビロガモ2、カワウ20+ ハクセキレイ2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

タカサゴモズとコウノトリと

鳥を見ながら散歩するのが日常となっている。
福岡では近くの中公園や新市楽池、鹿介池のほか油山、野多目大池、春日公園、南公園、室見川中流/上流/河口、西南の杜、大濠公園、今津干潟 、海の中道海浜公園 辺りがよくいったり時々行ったりする場所だが、その中でも今津干潟は当たり外れなくいつも結構楽しめる。
多くは近くの歩いていける溜池を三つ巡っているがそんな訳で時々今津干潟にも様子を見に行く。
この前はタカサゴモズがまだいる、コウノトリも来た、との情報あり、タカサゴモズもせっかくだから見ておくかと今津干潟に出かけた。2週間くらい前のことだ。めったに見られない鳥らしいからここで見損なうともう見れないかもしれないとの思いがある。

Kobhakcyo2


玄洋高校横の道路に駐車して、辺りを探すと、バードウオッチャーというより野鳥撮影らしい人が立派なカメラを抱えて同じように探している。聞くとまだ見かけてないが少し待てばこの辺りに出てくると思うという。とりあえず普通のモズが、タダモズと言ってしまうが、いたので眺める。待てどタカサゴモズのほうは現れないので近くの二つ池でカモやカイツブリを見たり池の間の道を散策したりしていると向こうの方から白鳥らしい飛び方で2羽が

Kobhakcyob

悠然と飛んでくる。久しぶりの白鳥だ。ゆったりと二つ池の自分が立っているあたりに着水する。コブハクチョウだ。人間がいるなら餌をくれるかもしれないということだろうか、人に寄ってくる鳥の方だ、コブハクチョウらしい振る舞いといえるのかもしれない。
暫く眺めていると向こうの方から外人女性が現れる。福岡の鳥見の場所でときどき見かけ日本語も話せる人だ。コブハクチョウですよ、と声をかけると、高校の横にコウノトリが来ていると教えてくれる。さっきはいなかった。早速戻ってみるとちょっと小ぶりのコウノトリが草むらで盛んにえさを探している。若鳥の様だ。ゆっくり近寄っても全く気にする風がない。

Kounotoriaa

よく見るとくちばしから顔のあたりが面白い。こんなに近くでじっくり野鳥の細部を眺められる機会もそうあるわけでもない。やはり人の手で繁殖しているという生まれ持ったものを感じる。そこのところはコブハクチョウと同じ雰囲気ともいえる。日本にいるコウノトリはアジア種でヨーロッパにいるコウノトリ(シュバシコウ)と同じではない。世界的に見ても希少種の部類に入るから近寄れるといっても大事にしなくてはいけないのは明らかだ、刺激しないように観察する。
豊岡から飛んできたのだろうか、しっかり黄色い足輪がついている。コウノトリは日本のは戦後ついに滅んで豊岡のはロシア・ハバロフスクから分けてもらったのが始まりとどこかで読んだ。ともかく福岡でも時折飛来を聞くようになり日本の野山に根付いてきたようで先が楽しみだ。

20171114takasagomozu

タカサゴモズのポイントに戻るとどうやらモズと入れ替わって現れているようだ。くだんの写真撮影者が盛んに撮っている。ゆっくり近づくと姿が見えてくる、頭が灰色だ、確かに図鑑にあるタカサゴモズだ。モズにしてはしゃれていて綺麗だというのが第一印象だ。やっぱり見ておくもんだと思ってしまう。
写真に撮ったり双眼鏡で見たり飽きるまで見て引き上げる。まだ暫くここに居そうだ。やはり今津干潟は面白い。

とらわれることもなく気ままに思いついたように過ごす日々が流れていく、これが心地よい。こんな風にいつまで過ごせるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

秋月の紅葉を観に

福岡の紅葉名所をと調べると上位にあるのが秋月だ。
名のある所は行ってみるべきと出かけるタイミングを狙っていた。
見頃は10月末頃が例年らしいが今年はどうかとまた気象庁の計算式で計算してみる。朝倉の気温から高度補正して計算すると11月23日位とでる。祝日で混雑が気になるが天気も変動が激しくここを外すといい日がもうあまりない。思い切ってエイッと出かける。
エイッと出かけるのは、タイヤも新しいスタッドレスに替えたところでクルマを新しくして初めての組み合わせで様子も見たいということもある。ホイールはタイヤ屋に調べてもらうと前のレガシイB4で使っていたものがそのまま使えるようで一安心ではあった。宇都宮にいたころは中古タイヤ屋が結構あり手頃な価格で頻度を上げて変えていくというようなこともできたがこの地に来るとスタッドレスの需要も少ないようで中古タイヤ屋は少なくてそんなワザも使えず、結局新品のブリジストンのスタッドレスとなった。結構な物入りで少し長く使っていかねばとも思う。ともかく12月1月の雪日数は宇都宮(7.6日)より福岡(10.7日)の方が多いのだから福岡でも冬はスタッドレスは欠かせない。

タイヤの慣らしということもあって都市高速は速度を抑えて走り大宰府からは高速を降りて下道を走る。夏タイヤから冬タイヤへの変化はB4の時とはだいぶ違うもののすぐに慣れる、しかしなんとなく安定度はB4のほうが高い気がする。前輪の分担荷重が小さくなったのだろうか。

気になっていた駐車場は途中から道に現れてきた臨時駐車場への誘導看板に従っ

Asakura1

て進むと、待つこともなく臨時駐車場にクルマを置けた。目的の秋月城跡とは尾根を挟んだ位置にあり駐車場からちょっとした登りを要するが途中に由緒のありそうな秋月八幡宮もあって面白くもある。これを越え坂を下って杉の馬場通りの終点付近に出る。さすがに人出は多い。紅葉の方は枯葉になりそうなまるまりかけの葉の木もある一方でまだ青い木もあり平均すれば見ごろという感じだ。逆光で見ると結構美しく紅葉している。紅葉見物にはやはり光の具合が大事だ。
休日だけに家族連れや若い人が多い、活気がある。
老人ばかりが目立つ平日に観光地を巡るのも考え物かもしれない。
黒門から垂裕神社の参道を上がる。確かに紅葉はいいが参道を外れると紅葉はまばらだ。マッシブな紅葉を求めてはやや物足りないことになる。背後の山にも紅葉は見えず、九州らしい人手で作られた紅葉風景ともいえるのかもしれない。

もともとは秀吉の九州征伐に抵抗して敗れ石高を5分の1くらいにまで縮小された上で高鍋に移封された秋月氏の城だった、その高鍋秋月氏からはあの上杉鷹山を輩出した、ケネディが大統領に就任した時に記者に問われて最も尊敬する日本人の名として挙げた人物だ。秋月の城は江戸時代は黒田藩の城として使われ明治に廃された後は垂裕神社となった、神社建設には高鍋秋月氏の旧家臣が中心となった、という歴史がある。思いがこもった場所というところが、また感じさせる何かを放っているようではある。

来た道を登り返して駐車場に戻る。紅葉としてはまずまずかなと自宅へ向けて走り始めるとやや進んだところで右手に少し変わった形の古墳が見えてくる。時間も十分あるので寄ってみる。何しろ朝倉は邪馬台国があったともされる場所だ、古墳はすべからく興味を引く。

Kofuna2

仙道古墳という円形の古墳だ。2段になっていて周りに円筒埴輪がずらりと並べてある。玄室入り口には鉄の扉があってカギがかかっている。装飾古墳になっているようで近くには石室の現寸大の復元模型が展示してありどのように絵が描かれているかがわかる。丸や三角が描かれていてまじないのようだ。
大型の円墳で装飾古墳でありまた数多く発掘された円筒形の埴輪は人が盾を持ったものなどの具象的な形を持つ九州地方には少ない形象埴輪であることなどから

Kofuna

国の史跡に指定されているということらしい、立派に整備されている。
邪馬台国の時代の古墳ではないが昔から人が住み続けている土地であることには違いなさそうだ。

一体この地は日本の歴史にどうかかわり続けて現在に至ったのだろうか、バラバラの時代の痕跡が繋がっていかないのがどうにももどかしい。しかし考えてみれば自分の立っている地面はどこにしろ途方もなく長い歴史を抱えていてその具体的な時間の流れは知る由もない。そんなものなのだろう。

全てを受け入れて今を存分に生きる、それしかない、また思ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

寒くなってガスに切り替えた

2017112403gsm

日本列島を寒冷前線が次々に通過して冬がそこまでやってきた。週末に向かってまた寒波が北から降りてきそうだ。(添付は11月24日03jstの850hp(約1500m)の気温予想図)。アジアでは日本狙い撃ちの寒波だ。

今年は室内の暖房を都市ガスに切り替えたので灯油の心配は無くて気軽に暖房が使える。もともとガス配管はあるので工事は要らずガス管口につける変換ソケット(ガスタッチ)とガスファンヒータ、ガスコードを2セットネットで取り寄せるだけだ。
暖房を灯油に頼る生活は思い返せばここまでの生涯すべてであったような気がする。勿論エアコンは使うが寒くなるとそれだけでは足りなくなる。補給をいつも考えなければならないし灯油屋が売りに来なければガソリンスタンドまで買いに行かなくてはならない、買ってきても家まで持ち上げるのもちょっとした力仕事だった。歳を重ねてくると10年先でもできる生活に徐々に切りかえて行かねばと思い始める。
思い切ってガスに切り替えて随分気楽になった。多分暖房コストは少々上がるだろう。しかし楽な生活に代えがたいものがある。

Tachiaraie

絵をまた描いている。昨年初夏に訪れて見た旧大刀洗飛行場跡に広がるポピーの赤が戦争の血なまぐささと平和の両方を象徴しているようで心に残っていて、それを形にとどめるためにポピーの風景を描いている。人に伝わるかどうか他人に感銘を与えるかどうかそれはどうでもいいことのように思っている。結局はそんな絵を描いていきたいのかもしれない。
暖かい日だまりの中で絵を描きながらゆっくりとした時間を過ごす、そんなことに幸せな時間があるように思えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

ランメルモールのルチア

オペラをこの秋もアクロス福岡に観に行った。何だかだんだんせわしない感じがしてきて家でもゆっくりオペラのDVDを見るのに時間を当てなくなったような気がする。オペラを生で観るということにも福岡に引っ越した直ぐの頃の新鮮な響きは無くなってきた。贅沢になったのかもしれない。謙虚な気持ちが少なくなったのかもしれない。
今年のオペラはハンガリー国立歌劇場によるドニゼッティの「ランメルモールのルチ

Lammermoor

ア」だ、アンドレア・ロストというハンガリーのソプラノの歌い手が華のようだ。ベルカントオペラといわれる。ベルカント唱法のオペラで気が狂ってしまった主役のルチアが歌う、「狂乱の場」のアリアが有名だ。
舞台は17世紀のスコットランド、対立する家の妹ルチアと敵方の騎士エドガルドが恋に落ちるがルチアの兄はいやがる妹に裕福な貴族との結婚を迫り、結婚式の日ルチアは結婚相手の貴族を刺殺して気が狂って死んでしまう。エドガルドはこれを聞いて自殺してしまう、というのが大体の筋で、あまり楽しい話ではない。
登場する歌い手それぞれに歌は勿論うまいが見ていて気になるのが体型だ。皆かなり太目で兎に角体格が立派過ぎる。ルチアも結婚相手の貴族も樽の様だ。中東欧は20才を過ぎるとやたらに太ってくるという話は昔から聞くが本当にそうだ。
そんなこともあってこの悲劇にはどうしても気持ちがのってこない。オペラは演劇の視覚的要素も強いのでそういうことになるのかと思ってしまう。個人的には何だか申し訳ないとさえ思う。

オペラもいくつか観てくると無邪気に楽しめなくなる、何かを失って何かを得ているようでもある。こんなことを繰り返しながら生きていくのかな、そんな風にも思い返しながらふけいく夜の街を家へとクルマを走らせる
もう冬がそこまで来ているようだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ドニゼッティ「ランメルモールのルチア」

2017年11月15日 アクロス福岡
指揮 バラージュ・コチャール
演出 マーテー・サボー
ハンガリー国立歌劇場管弦楽団・合唱団

ルチア   :アンドレア・ロスト
エドガルド :イシュトヴァーン・ホルヴァート
エンリーコ :ミハーイ・カールマーンディ
アルトゥーロ:ティボル・サッパノシュ
ライモンド:クリスティアーン・チェル
アリーサ:エーヴァ・ヴァールヘイ
ノルマンノ:ゲルゲイ・ウーイヴァーリ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

上野村ヘリ墜落事故

群馬県の上野村にヘリが墜落炎上し搭乗員4名全員が死亡した、というニュースが数日前流れて、引っかかっている。ヘリの事故は少ないとは言えないが大型のヘリで運航業界では大手といってもいい運航会社の事故だ。
もう一つ上野村といえばJALの悲惨な墜落事故のあった現場のはずだ。どうにも気になる。
事故の原因は11月15日現在何も語られていない。
事故の状況は、事故調の簡単な速報やネット上に流れているニュースからおおよそ以下のようのもののようだ。
2017年11月8日14時25分頃、群馬県上野村大字乙母(おとも)の藤沢橋付近の道路に東邦航空株式会社の大型ヘリ:アエロスパシアル式AS332L型(JAJA9672)が墜落炎上した。搭乗者4名は全員死亡。
事故機は当日東京電力の送電線工事の資材運搬作業を行い、終了後14時03分に山梨県南巨摩郡早川町内場外離着陸場を離陸し栃木県芳賀町の栃木ヘリポートに向かっていた。
墜落前に部品が飛び散っていたことが目撃されておりテールロータはやや離れた場所で見つかっている。フライトレコーダは搭載されていない。
搭乗者はパイロット:北川一郎(60)、整備士:杉山勝彦(50)瀧沢俊太(27)池田裕太(22)
北川パイロットは総飛行時間1万時間以上のベテラン。

As332l3viewzu2


墜落により配電線が切断されあたりで停電が発生した。
機体は1987年12月に三井リース事業により新規登録、定置場所は仙台空港、登録上1995年12月に一旦東方航空に登録されるがすぐにクラウンリーシングというリース会社に登録、同社が倒産後1998年にオリックスアルファの登録となり2000年に東邦航空の登録となった。リース会社の所有が転々としたが運用者は一貫して東邦航空であったことが推定される。製造番号は2173。エンジンはフランス製のチュルボメカ・マキラ1A、最大1800shp の双発。
同型機は軍用も含め世界で500機以上が使われている。国内では海上保安庁はじめ15機程度が現用されている模様で大型ヘリとしてはポピュラーな機体。
機体の総飛行時間は明らかではないが
この機体より1年前から同様に運用されてきたと思われ5年前に屋久島で墜落した同型の朝日航洋の機体(JA9635)の事故報告書では1万時間を超えておりこの機体も少なくとも1万時間は越える総飛行時間であったと推定される。

2017110814jst

事故当時の気象は、日本列島は気圧の谷に入っており南と北を通過中の2本の前線に挟まれ群馬から山梨にかけては帯状の雲の帯の下にあった(左図 当日14時の衛星写真)。
事故当時の気象観測データは横田基地、松本空港、静岡空港のMETARデータが参考になる。
横田基地データでは上空7000ftの高層雲に覆われている、松本空港では上空17000ft、静岡空港では上空10000ftの高層雲に覆われているとあり、事故地点周辺

Map1

の山の高さは2000m(約7000ft)クラスであることから、場所によっては雲底と山の高さの差は小さかった,即ち対地高度をそれほど上げられなかった可能性がある。
当時の風は現場の高度2000-3000m付近では西風15-17mと予測されている(MSMデータ)、それなりの風だ。

現地の地図及び御巣鷹山事故現場との位置関係、飛行予想ルートを示す。

Amap0

出発地の早川町から北上し小梅線東の山稜部の低いところから群馬側に出て栃木へリポートに向かおうとしたものと思われる。御巣鷹山の墜落現場の北東11kmの地点で、結構近い。
事故機は当日も作業に従事しており帰路突然飛行不能になる整備不良が発生するとは考えにくいことから何かに衝突あるいは接触して機体の一部が損傷、不時着しようとしたがそれも叶わなかったという事態が最も考えられるように思える。墜落地点は着陸もできそうな場所だったのも気になる、ここへ不時着しようとしたのではないか。
低い雲がありこれを避けようとしてあおられて木か人工物に接触したのかもしれない。ただ、墜落時の付近の停電は配電線(道路脇の電柱)切断のためと東京電力が説明しているようなので送電線(高圧鉄塔)接触切断は無かったとは思われる。

今後の調査から原因は次第に明らかになってこよう。どんな教訓が引き出されるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

福岡から出かける紅葉


10月終わりころになれば紅葉の便りが気になる。

九州の紅葉は気温が下がりきらず東北の様な凄みは望むべくもないが、それでもなかなかと思わせる場所は幾つかある。

耶馬渓やくじゅうや霧島、九年庵、竈門神社などめぼしいところを毎年少しづつ見てきたが、まだ行くべきところは沢山ある気がしている。
今年はどうするか、雲仙の紅葉も見どころの一つになっているようで今年は雲仙に行ってみるかとネットで調べると10月末ならそろそろという感じだ。
温泉と紅葉がよさそうだ、とりあえず雲仙仁田峠の紅葉を泊りがけで見に行くことにする。具体的にいつにするか、紅葉見ごろ時期の推定については 気象庁が関東地方用に作成した計算式(*)があってこれが他の地方でも結構役に立つ。
(* 10月1日から紅葉見ごろまでの日数=(その場所での9月の平均気温)X4.62-47.69 )

計算すると、今年の九月のアメダス雲仙の平均気温の高度補正から標高約1100mの仁田峠の紅葉見ごろは10月31日と出る。ネット情報でもそのあたりから見ごろになっている。
一方で、紅葉見物には晴天も外すことのできない条件だ、慎重に天気も予測し台風一過の安定した晴天が期待できる10月31日で宿を予約する。

当日は予測通り台風は東に去り期待に違わず良く晴れた。それでも次の日の朝は局地的に雲が出そうな計算なので、宿に着く前に紅葉見物は済ませてしまうスケジュールとした。紅葉見物には細かい気象予測が欠かせない。

Koyo3

 

行きがけに諫早干拓地で到来したばかりのアトリの群れやカワラヒワ、モズなどを楽しんだ後雲仙の山を上がり仁田峠に辿り着く。平日だが結構バスが来て人が出ている。紅葉バスツアーがいろいろ催されているようだ。
実際に山を見ると紅葉は今少しの感があるが、見ごろといわれてもそんなものかもしれないという感じだ、まずまずでロープウエーの下は結構赤く美しい。

Koyou1

ロープウエーを上がり更に少し上ったところの妙見岳展望所へ行って みる。妙見岳とそれに続く峰の紅葉がなかなか美しい。ツツジ系の背の低い灌木の紅葉だ。

 

 

 

 

堪能した後 戻りついでに分岐を少し登ったところにある妙見神社にも行ってみる、一応山道だが散歩道の感じで相当にお年を召した老婦人がよろける様に降りてるのともすれ違う。

全体に平日というためか老人ばかりが目に付く、そんなところになっているようだ。

 

Onsen1

 

 

翌日は朝食後に宿の近くの地獄めぐりに出かける。別府の地獄とは違い無料だがその分別府ほど広くなく却って朝の散歩にちょうどいい。ここでも地獄の煙と紅葉の背景がなかなかの景観となっている。紅葉の雲仙は他とは違った味があるような気がしてくる。

 



戻って10日ほどたった11月10日、福岡市近くの紅葉もみようと笹栗の呑山観音寺に出かけた。標高が450m位の山地の谷沿いにあるため平地よりはだいぶ色付くのが早い。こちらは福岡市大濠の気象台の気温データを高度補正して式にあてはめてみるとまだ4日くらい早いことになるが山間の谷筋ということから多分十分見れるだろうと見計らっての紅葉見物だ。

Nomiym

ここも一応福岡市周辺の紅葉の名所に上がっている。寺院の紅葉だから勿論人手でしつらえた紅葉で東北の山のような全山紅葉とは比較にもならないが京都の紅葉の雰囲気に近いかもしれないとの思いがある。
曲がりくねった山道を上がり無料の大駐車場にクルマを停めて周り始める。

 

紅葉は場所によっては半分散ったところもあるが、全体としては見ごろだ。それなりの紅葉で、ドウダンツツジでお堂の周りの斜面を埋めたあたりは人工的だが造形が面白い。紅葉を見たという雰囲気に十分なる。

周り終わって昼になったので道沿いにある蕎麦屋に入ってみる、ごぼう天そばを頼むと結構時間がかかって出てくる、かなりうまい蕎麦だ、10割そばらしい。後から来たお客にはもう準備した分は終わったので待ってくれれば今からそばを打つという。本当は周り始める前に声をかけといてくれればその間に蕎麦を打てて丁度いいともいう。素朴なのんきな蕎麦屋だ。しかし感じがいい。

九州の紅葉見物はそのついでに温泉を楽しんだりはっとする蕎麦に巡り合ったりする、そんな全体がとりわけ面白い感じがしている。人の手の入り方が面白いともいえる。
紅葉見物は場所場所でそれなりのスタイルがあってどこか気楽なところがいいようだ。

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

2017年10月の福岡市南区周辺及び旅先の野鳥

秋らしくなってジョウビタキが現れ始めた。キクイタダキの姿も久しぶりに見られカモも群れで飛来し始めた。

 

手元に残るメモからの主な観察記録は下記

20171025magamo

 

2017.10.1 am7:00-8:00頃 福岡市南区長丘周辺の野鳥  中公園:コサギ1、エナガ10、コゲラ1、スズメ20、メジロ、アオサギ1、ヒヨドリ3、ハシブトガラス 新市楽池:バン3(親1若2)、エナガ7 鹿介池:アオサギ2、ウグイス、エナガ、シジュウカラ

 

2017.10.7 am7:00-8:00頃 福岡市南区長丘周辺の野鳥  中公園:シジュウカラ、モズ1、ヒヨドリ2-3、ムクドリ6、メジロ1-2 新市楽池:バン4(親2若2)マガモ1

 

Jyoubitaki20171026

 

2017.10.11 am7:00-8:00頃 福岡市南区長丘周辺の野鳥 晴れ 中公園:ムクドリ、ヒヨドリ、キジバト1 新市楽池:バン2(親1若1)、マガモ4、スズメ 鹿介池:ハシボソガラス

 

2017.10.20 pm2-4 福岡市油山市民の森 曇り ルリビタキ声、ジョウビタキ♂1、トビ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、メジロ、シジュウカラ、エナガ、ヤマガラ、コゲラ、 蝶アサギマダラ

20171026kikuitadaki

 

2017.10.24 pm2 快晴 福岡市南区長丘周辺の野鳥  中公園:コサギ1、キジバト2、ハクセキレイ1、メジロ、、ヒヨドリ5、エゾビタキ疑、シジュウカラ疑 新市楽池:バン5(親2若3)、マガモ3、ジョウビタキ1、シジュウカラ疑 鹿介池:キクイタダキ4、ミサゴ1、ジョウビタキ1、ヒヨ

 

Misago20171026

 

ドリ、ハシブトガラス、

 

2017.10.25 am11 福岡市城南図書館裏西ノ堤池の野鳥 マガモ12、コサギ1

 

2017.10.27 pm2  快晴 福岡市南区長丘周辺の野鳥  中公園:コサギ1、ジョウビタキ♂1、スズメ、ヒヨドリ 新市楽池:バン2(親0若2)、マガモ3、ジョウビタキ1、シジュウカラ疑 鹿介池:キクイタダキ4、ミサゴ1、ジョウビタキ1、ヒヨドリ、ハシブトガラス、

 

20171031mozuj

 

2017.10.31 am11 諫早干拓地 アトリ50+、カワラヒワ、モズJ、ジョウビタキ♂♀、トビ、ヒバリ、コサギ、(コヨシキリ声疑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月29日 (日)

希望の党が


とんでもない劇場となった衆議院選挙も終わり、少し落ち着いてきた。
希望の党の失速のタイミングは色々言われるが 個人的な心の内では公示当日午後に

Kumo

なってやっと明らかになった九州ブロックの比例名簿順を見た時だった。単独1位が中山成彬になっている。まさかと思ってしまった。南京事件は無かったなどと公言する右翼政治家だ。その他あまりの発言に自民党ですら除名に至った人物だ。希望の党というか小池百合子の本音はこういう人を大事にして比例一位で必ず通すというところにあったのかと悟ってしまった。佐賀の原口さんが中山の比例単独一位を知りこんな人とは一緒にやれないと無所属出馬を選択したのはよく理解ができる、普通の人ならそうだろう。

健全な中道が必要だ、それが多くの人の望みだったような気がする、その受け皿が希望の党かとの期待感がいっときあった、本当にそうなら選挙結果は大きく違っただろう。しかしそうでは無かった。排除さらさらの発言も中山の比例一位も同じ根から出ていてその根をつまびらかにしないまま風を起こそうとしたが出来なかった、そう甘くは無かったということだろう。このままなら希望の党に未来は無いように思える。

こんな風な結果が選挙で出てくるのを見ると日本の民主主義もなかなかのものだ。

週末はまた台風だ、今年の紅葉はどうなのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

今更のように古事記を読む

古事記を読んでみた。勿論口語訳版だ。原文は漢文に万葉仮名が混ざったとっつきにくい文章だ。しかし古代の歴史をみていくとどうしてもここに行き当たる。

通読してみるとそうかというところがいくつかある。まずはオオクニヌシの位置づけだ。ニニギノミコトが天孫降臨する前にスサノウが地上-出雲-に降りておりその孫として

Kougokojiki

オオクニヌシが広く葦原(つまり地上世界)を支配をしていた。それが気に入らないアマテラスはオオクニヌシに支配を終わらせることを同意させたうえで孫を高千穂の峰に降臨させた、という筋書きだ。
オオクニヌシの子は出雲から信濃まで逃げて諏訪神社にとどまることを条件に成敗をまぬかれた。
確かに諏訪神社にはいけにえの風習が後の世まで長く残り、他の神社とは異なる原始の荒々しさが今でも感じられる、単なる神社ではない。
出雲も何かの雰囲気が今も残っているのかもしれない、一度行ってみなくてはならない、そう思えてくる。

要するにニニギノミコトが初めて地上に降り立ったわけでも何でもない。現在の天皇家の直系がそこにあると示しているだけで、諏訪はそれ以前の支配者の流れを汲み続けていることをはっきり示しているようでもある。そういうことか。

ニニギノミコトの子が海幸彦山幸彦であり山幸彦の孫が神武天皇であって九州から瀬戸内海伝いに東征する話が書かれている。何故ニニギが天下ったのは出雲ではなかったのか。
明らかに出雲にもアマテラスのいる高天の原とつながるルートがあってスサノウは島根と鳥取の境にある斐伊川に高天の原から降りてそこでヤマタノオロチを退治することになっている。もっとも日本書紀ではこの時スサノウは新羅に天下ってそこから船で斐伊川に行ったと記述してあるから、神話だけあってぼけた話にはなっているようだ。とにかくニニギが出雲に直接天下らない訳があったように思える。

読んでいくと、やたらと「まぐあい」だの「ほとを突く」だのと現代の視点からは猥雑な表現が出てくるし、争いでは残忍に切り殺す表現がたくさん出てくる。国の正式な歴史書物にしてはどうかなと思ってしまう。

神武東征のところは思いのほかあっさりしている。日向から北上して宇佐へいき西に向かって岡田宮に1.5年、東へ向かって安芸の国タケリに7年、更に東に行き吉備の国高島に8年いて、明石から大阪湾を横切り和歌山あたりに至った。陸地からは抵抗が激しく海路で巡ったとの話になっている。要するに海路のみで東へ向かっている。
近畿に王朝が出来てからは纏向の字がたびたび出てくる、纏向遺跡が立派なのは当たり前と思える。邪馬台国論争で証拠のように纏向があげられるのはなんだかおかしい気もする。

古事記の記述がしつこく書いているのは当時の氏(豪族)の先祖がどうつながっているかのあたりだ、人名あるいは神の名前は煩雑と思えるほどだがそれが古事記の中核のようにも思えてくる、しっかり伝えている。地名のいわれもしつこい。
これらをつなげた話が長い時間を経て形造られてきて稗田阿礼の伝承となったと考えるのがそれらしい。
つまり当時いた天皇をはじめとする有力な豪族の所以・正当性を記したのが古事記ということになるのだろう。しかしすべてを創作するのは却って大変な作業になる、事実の歴史も深く織り込まれているとも考えざるを得ないように思われる。

古事記が作られた時の天皇家はどこからきたのかそれを記したのが古事記であるとするとどこらあたりまでが史実に近いのだろうか。

記述の細かさから少なくとも大和盆地には宇陀から(東から)入ったとするのは本当らしそうだ。当時の文化の流れからは明らかに西から東だから、東から大和に入ったがもとは西から来たのだ、と東征伝説でこと更に言いたかったのかもしれない。
更にそのもとはどこにいたか、紆余曲折があったとしても結局は幾つかのルートによる弥生文化の大陸からの伝来、弥生人の侵入というところに辿り着くということになるのだろう。
普通に考えてその遥かな記憶の正当化が国生み・天孫降臨神話になったのだろうしそう思って古事記の神代紀を読むとおかしくはない、どういう伝説であれそう言い方もあるかと思える。

なんとなく全体の感じは解った。古事記は歴史書としてではなく やはり最も古い日本文学として読むものなのかもしれない、そんな風に思えている。

こうして気になっていることを一つ一つ潰すようにして過ごしていく、これも悪くはない日々だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

リンゴ北紅の物語が

少し前になるが、台風21号が接近するというので雨が続き一日のほとんどを家に居てゴロゴロとテレビを見るという日々があった。

Missveedol

何かの拍子で見始めた番組で、戦前、青森県三沢の淋代海岸から飛び立った2人の米国-PangbornとHerndonによる初の太平洋横断飛行の話を流していた。
三沢の人々の離陸に際しての献身的な努力のお陰もあり、飛行は見事成功して機体のMissVeedol
号はワシントン州のウェナッチに胴体着陸した、パイロットが青森から運んだのは三沢産の5個のリンゴ(紅玉)だった。これがウェナッチの人々に感銘を与えた。リンドバークの大西洋横断から4年後の1931年のことだ。
ウェナッチは全米1のリンゴの産地でこの記念のリンゴは大事にアルコール保存され翌年には青森に返礼としてリンゴ苗木-リチャードデリシャス5本が贈呈された。リチャードデリシャスは評判となり、苗木は日本で一気に広まって最初の5本から枝分かれした接ぎ木は9年で1万本を越えるまでになったという。
日米戦争で交流は途絶えたが飛行50年後の1981年、ウェナッチ市と三沢市は姉妹都市になった。

その後この話はどうなったか、実にこのリチャードデリシャスと紅玉の両方の遺伝子を受け継ぐ北紅(きたくれない)という品種のリンゴが青森で生まれているという。

今から思い返せばどこまでがテレビ放送でどこからがネットで得た情報か解らなくなったが、ともかく86年前の偉業による交流の証が今新しい品種のリンゴとして売られている、というところにどうしようもなく胸に響くものを感じる。これは是非取り寄せてみなければならない、即座にそう思った。味わってみたい。

Kitakurenai1


北紅の銘柄指定で青森からネットで3kg取り寄せる。こんなことにはネットはすこぶる便利だ。4-5日して8個の大玉の見事な北紅が届いた。甘さといい適度な酸味といいしっかりとした歯ごたえといい、これは素晴らしい。蜜もたっぷり入っている。そしてここには初の太平洋横断飛行にまつわる思いが文字通り込められている。

こんな物語に満ちた世界に行き当たるとぼんやりテレビを見て過ごす日々があっても、それも貴重な日々であることに違いは無いと思い至る。ただ生きているだけでこの世は十分に面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古楽が

福岡では何故か秋になると毎年福岡古楽音楽祭というのが開かれている。古楽というのはバロック時代及びそれ以前の音楽を当時と同等の楽器と奏法で演奏する、と

Kogaku

いうことのようだ。音律も平均律をベースとした奏法でない、自然の倍音に従ったゆるい肉声になじむ演奏と思っているが平均律かそうでないかは聴いてもすぐには解らない。

18日にはバッハの無伴奏バイオリン・パルティータから第3と第2が演奏された、第2の最後はシャコンヌだ。演奏しているのはシギスヴァルド・クイケンで、たまたま2000年頃当人が録音した同じ曲のCDを持っていてコンサートン前に聞いて予習をしていたが17年後の本人の演奏はさすがに老いが感じられCDの時のようには輝いていない、しかしこれはこれで心に入ってくる演奏だ。古楽らしいともいえる。
3日後に今度はクイケンが主宰するプティトバンドの演奏でハイドンのオペラブッフェ「歌姫」(ラ・カンテリーナ)を聴いた。宮廷音楽だ。そもそもハイドンのオペラはすべからく宮廷の中にしつらえた舞台で演じられていたというから簡単な舞台装置と当時の衣装で演じるオペラは当時もこのような風に演じられたのだろうと思わせるところがある。話は金のない歌姫親子がパトロンとなっている男たちからまんまと金品をまきあげる筋立てとなっていて喜歌劇だ、しかし笑いどころが今ひとつ解らない、笑いからしてフランス革命前の貴族の邸宅に向けた笑いなのだろう、現代の庶民の笑いとはどうにも違うようだ。
古楽はそこのところからの理解をも求めているのかもしれない。少々難しい。

ロビーでは古楽に用いられる楽器が販売用として広げられているが、お客は勿論古楽の演奏家達で一般の人は相手にしていない風情だ。何だか古楽愛好演奏家の世界的サークルの内輪のコンサートのようにも見えてくる。音楽そのものに感動するというより古楽という文化を嗜好する人たちが支えているようだ。ベルギー政府からの支援が絶たれて寄付を募っていたが、そんな位置づけなのだろう。
福岡という街は音楽そのものよりそんな筋書きのある音楽を好んでしまう街なのかもしれない、そんなことも思った。中身よりかぶっている衣が好きなのかもしれない。
そんなことも感じてしまった。
コンサート一つからでも色々学ぶことが多い、そこが面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

台風と灯明と

台風シーズンも終わりかけたと思っていると超大型の台風が北上してきた。21号だ。
気象の予測もこの頃は欧州ECMWFの計算結果や米国NOAAの計算結果を図として表してくれるフリーソフト(windy)が出てきて、日本の気象庁の計算とすぐに比較できるようになってきたので、台風の進路のようなわかりやすい比較では予測を比べて見たくなる。windyでは過去の予測データは次々に消えていくのでECMWFのサイトにまだ残っているアンサンブル予想のその時のデータを掘り起こして振り返って当たっていたかどうか調べてみる。

 

T21

 

1週間くらい前の予測(14日12Z(世界標準時の12)時点の予測)では日本の気象庁の計算は台風の経路はやや北寄りに予想し福岡近くを通ると出ていた。一方欧州の計算では大分南で上陸はなしとの予測だった。現実には欧州ECMWFに近いがやや北にずれて九州の南を通り過ぎ東海・関東と上陸して駆け抜けた。
1週間前でも予測はなかなか難しい、合わないものだ。太平洋高気圧も弱まっている今頃の台風は進路を決めるかっちりとした気圧配置もなく予測が当たりにくいのも仕方がない。

 

それでも季節の予報に比べれば台風の進路予想はまだあっているというべきなのだろう。

Dankoukiyosoku

今年の春頃は この夏は全国的に高い気温となろうという気象庁の気候予測だった。確かに7月上旬は暑かったが少なくも東京はそれ以降は冷夏だった。今年の様な冷夏になる予測は地球温暖化とは逆行する感じで例え予測出来ても発表しにくいのかもしれない。ともかく気候の予測はここ10年位を見ても50%くらいしか当たらずあまり実効性のない予測になっているようだ、今のようでは使い物にならない、そんな話もどこかで聞いた。そのうち当たるようになってくるのだろう。

しかしこんなに当たらない気候予測で このままではとんでもない地球温暖化が予測される といわれても本当にそうなのか、何か見落としているところがあるのではないか、そう思いたくなるのも事実だ。荒れてきている気候を全て人為的CO2増加のせいにしてしまうのはいかにも短絡的思考のように思えてならない。アバウト過ぎる。こんなものに振り回されたくない。

 

博多地区で灯明ウオッチングというのがこの土曜(21日)に行われるというのでアクロスでのコンサートを聴きに街に出たついでに少し巡ってみた。秋には毎週のようにイベントが組まれていていかにも観光を政策の目玉にしている街のように見える。次々に繰り出せるだけ街にパワーがあるということだろう。
灯明のイベントは博多の一部で夏に300年続けられている千灯祭にちなんで20数年前から秋に博多の広い地域で大掛かりに行われるようになったようで数万個の手つくり灯明で街を照らすという形になっている。

 

Tomyo1

ローソクの炎で博多の各所に光の地上絵なども描かれるという。勿論一晩だけだが面白そうだ。 

 

 

アクロスからも歩いていける博多リバレインの付近に地上絵があるというので行ってみたがその場所が解らない。しょうがないのでリバレイン8Fにあるアジア美術館まで上がって受付で聴くとやっとわかった。行くのが難しいところもあるようだ。やっとたどり着いて見ると、面白いが思いのほかこじんまりとしている。これはやはりメインとなっている御供所地区に行ってみるほかないかと地下鉄で祇園まで足を延ばす。
降りると目の前が東長寺でここには地上絵があるはずだ、いかにも見物に来たという風情の人が門を出入りしている。人の流れに従っ

 

Tomyo4

 

て入ってみる。筑前琵琶の演奏が終わったところで人が多い。庭一面に灯明が並べられて見物人が思い思いに歩き回ってみている。明日は台風21号接近という日で雨も予想されたが幸運にも雨になっていない。紙のあんどんにローソクだから雨では全く成り立たないイベントだ。

 

 

 

写真に撮れるかもしれないとコンデジにある”手持ち夜景モード”というので写してみると思いのほかよく撮れる。条件を変えて連写して統合しているようだ、コンデジといっても全く馬鹿にできない高機能だ。
東長寺からその奥の旧御供所小学校跡地まで光の道が続き最後に大きな地上絵が現れる。よくもこんなイベントを仕掛けたと思うほどだ。市のパンフでは数万の観客が出ているというし後で見たインスタにはもう3回目だという海外からの投稿もある。結

 

Tomyo2

 

 

 

構知られてきたイベントの様だ。

   

台風が来ようが予測が外れようが、構うことなく走り続けるそんなエネルギーが流れている、そういうところが面白くてこの街がいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

カズオイシグロのノーベル賞

そういえば今日はノーベル賞の文学賞発表の日だったと、見ていたipadをアベマTV

Kishiguro

に合わせるとliveが入ってくる。スェーデンからの中継で背の高い女性がイシグロと言っている。ムラカミではないが日本人のようだ、しかし聞いたことがない名だ、同時通訳がないので本当に受賞者の名前を言ったんではないのではないか、とも思ってしまう。でも雰囲気からはどうもイシグロという人がやっぱり受賞したようだ、すぐにテレビに速報テロップが出る。

カズオ・イシグロという日系イギリス人が受賞したとのニュースだ。日系ということなら国際結婚の子息だろうかどうして英語名が混じらないのだろうかとまだよくわからない。

ネットのニュースや情報をつぶさに見ていって漸く解ってきた。両親共日本人で英国に帰化したという。誰が入れたのかwikipediaのカズオイシグロのところはもう2017ノーベル賞受賞としっかり入っている。日本出身の人がとにかく受賞したということになる。目出度いというべきだろう。村上春樹はちょっと無理かなと騎士団長殺しを読んで思っていた。
不勉強だがカズオ・イシグロという人はイギリスではかなり有名な作家となっているらしい。

翌日になってこれは矢張り読んでみなくてはと思い始めてamazonで著作を探るが全て売り切れで古書には早速法外の値がついている。勿論市立図書館の蔵書もネットで当たったが予想通りあっという間に待ち行列ができており暫くはどの本も借りだせない、とにかく片っ端から予約だけは入れておく。

こんなことかと落胆したが、落ち着いてamazonの画面を見直すと電子書籍になったのがありこれは勿論すぐに買える。これしかないかとkindleで1冊購入してさっそく読もうとするがインストール済みのkindleアプリではエラーが出て開けない。電子本は600円ほどの価格だが払っても読めないのでは少々頭にくる。ネットで調べて色々やってみるが効果なく万策尽きてamazonのカスタマーサービスに電話する。正確にはamazonのサービスで電話を選択して自分の番号を入力するとすぐさま電話が鳴り受付順番待ちとなる。混んでるようだ。やっとつながったところで症状を話すとアプリを消去して再ダウンロードしてください、とくる。電話口でそのとおりにやって開きなおすとめでたく読めるようになった。理由は解らない。

とにかく読み始める。「日の名残り」(The remains of the day)という作品だ。イギリスで賞をもらっているようなので代表作の一つだろうくらいの考えで選んだ本だ。
英国のとある執事がご主人様の貴族が亡くなって邸が新たな米国人の所有者に売却され執事もその新たな所有者に仕え始めた、その時期に過去を思い出しながら一人で初めてのドライブ旅行に出かけるという設定だ。執事の独白から成り立つ私小説のような小説になっている。
シーンの多くが歴史的事象を背景にした追想であり、しみじみとした語り口だが、しみじみしすぎている感は否めない。いかにもイギリスらしいというべきなのだろう。設定といい何だかイギリスローカルの小説のように思えて仕方がない、川端康成の日本文学が受賞したようにノーベル文学賞はグローバルというよりむしろローカルな心情の掘り下げを書き込んだ作品が受賞しやすいのかもしれない、そんなことも思ってしまった。

でも昨年のボブディランよりは遥かに文学賞らしい。ボブディラン受賞の方が刺激的だったが今回のも別の次元での刺激がある。世界の広がりを思い知らされる。

個人的には電子ブックの有難さを初めて感じたところもあり、様々な意味で刺激を世界中に与えるところがノーベル賞の素晴らしさ面白さなのだろう。それにしても文学賞はどういう基準でどうやって選ばれているのだろうか、やはり知りたくなる、調べてみなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2017年9月の福岡市南区周辺及び旅先の野鳥