« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月30日 (水)

久しぶりにサッカーを観に

久しぶりに地元福岡のJリーグ、アビスパのサッカーを観戦した。相手は水戸ホーリーホックだ。ファンクラブ会員に配られる2枚の切符を今年はまだ使っていなかった、そろそろ使わねばという思いが半分以上あった。今年はここまでスタディアムに足を運んでなかったのには、DAZNでしか中継を見られなくなってDAZNが見れない身としてはサッカーに少し興味が薄れてきたというのがあるような気がする。


JリーグはDAZNで何とか見ようという熱心なファンを固めることはできても、野球のよう

Soccer

な大きな支持を獲得しにくい形にはまっているのではなかろうか、大丈夫だろうか、そんな気がしている。

この日の観客は8000人くらいで普通というべきだろう、増えてきたという感触はない。2連敗後の試合という、今年の順位成績にとって重要な試合と思っていたが昨年見た試合よりもむしろ空席は目立っていた。

試合の方は0-0の引き分けだった。アビスパのエースストライカーが出場停止となって最後のところでゴールに入れきれないイライラがあったが、ボールキープは去年見た時よりもよくなっている感じで、J1に上がれれば去年の様なボロボロの降格は無いだろうと思わせた、確かに前進している。

アウエー席では水戸ホーリーホックの多くないサポーターが精一杯の声援を送っている。遠路はるばる訪れたサポーターにどうしても冷たい扱いをホームのスタディアムはしてしまう仕組みになっているようだ、アウェーのユニフォームを着てのメインスタンドでの応援はお断りします、となっている。遠来のサポーターを温かく迎える観戦にはならないスポーツのようだ、優しくない。
こんな排他的なスポーツは今の時代に取り残されてしまうような気もする。 一方で子供たちの純粋な応援している姿が目に付いて、その中で観戦できる楽しさもある、悪くない。

見終わって駐車場から出ようとすると、譲りあうという雰囲気の全くない殺伐とした我さきの空気にうんざりしてしまう。福岡という街の情けなさが露骨に出ている、いまだに市職員ですら飲酒運転を無くすことのできない情けない街でもある、そうなのだろう。

サッカーをスタディアムに見に行くと、色々なことを考えてしまう、刺激的なところを色々体験する、そんな全体が面白いように思える。また出かけてみよう、そう思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

バンと日食と

近くの溜池でまたバンが子育てを始めた。
朝散歩しているとヒナが4羽睡蓮の葉の下から出てきた。今年3回目となる。前回も4羽

Ban3kaime

だったが生き延びたのは2羽位だ。位というのは最近は若鳥は1羽しか出てこないようで、もしかしたら1羽はカラスにでもやられたのかもしれない。それでもこの溜池では確実に命がつながっている。
時々思うのだが、地球上に今生き残っている生物全てが40億年前の生命誕生まで何らかの糸で切れずにつながっているという事実が奇跡の様だ。あの数度に及ぶ地球生命大絶滅時代全てを辛くも生き残った生物の末裔が結局はここにいると思えば今ある命の計り知れない重さを感じる。宇宙には未だに地球のほかには生物の痕跡が発見できないことから宇宙的重さをも感じてしまう。とにかく命をつなぐことには重い意義があるとしか言いようがない。

2017eclipse

北米で8月22日に皆既日食が走るという話が盛んに報道されインスタにもその映像が溢れたが(写真は今回米国オレゴンで観測された皆既日食(wikipediaによる)。) そういえば確か北関東にも皆既日食が走る年があったと思い出して少し調べなおしてみた
日食の予報は国立天文台のページから調べることができて、18年後に北関東を皆既日食線が走ると解る。壬生あたりでは皆既時間は2.6分位、日光市街で2.2分位と推定されている、それなりだ。2035年9月2日10時7分位に始まるという。
あと18年後ということになる、それくらいなら生きているかもしれない、

Nissyoku

しかし福岡から栃木まで車で走っていくにはちょっと無理だろう、どうやってその場所に行くのだろうか、やはり結局は無理だろうか、生涯一度の最後のチャンスのような気がする。無論栃木には知り合いがいなくもないがその頃にはもうかなりの高齢になっていることになる、押しかけて行ってお世話になるのはいくら何でも無理だ。
以前奄美に皆既日食がかかるという時は行く気になっていたものの飛行機が全く取れずあきらめた記憶がある。奄美は結局嵐だったがそれでもあたりが暗くなり日食らしさは体感できたという話を行けた人から聞いた。たとえ曇って写真は取れなくても現場に居合わせることが大事だろうと思っている。
日食のような場面では地球が確かに宇宙に浮かぶ小さな島であることを体感できるだろう。
宇宙の過酷な空間をめぐる地球という惑星に住み着いたカビの様な人類の位置を思い知るだろう。わずか10kmの空気層の外では人は生きられない。

18年後の皆既、こんなタイムスケジュールを見るともう知るべきこと学ぶべきことに対して時間が残っていないことを悟る。

永遠の生は命をつなぐことでしか実現しない、伝えていくDNAの中に残るだけだ、それだけでもよしとしなければならないのだろう。未来につながるDNAはこれからどんな景色を見ていくことだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

暑い夏はオペラと星で

暑いのであまり出かける気にもならない。海にさえ行く気がしない。

こんな時はブルーレイに録画して貯めておいたオペラを見るにはちょうどいい気がする。オペラは長いのが多くて放映時その時に合わせて根を詰めて見るのはかなりきつい。
2日ほど前は今年のバイロイト音楽祭の幕開けの出し物、ニュルンベルクのマイスタージンガー がNHKBSでほぼ5時間にわたって深夜に放映されていたものを録画で見ていた。ワーグナーだ。ワーグナーはジークフリートの出てくる神話ものがどうにも肌に合わなくて敬遠気味だった。このニュルンベルクのマイスタージンガー も神話ものかという思い込みがあって1-2年前METの公演がWOWOWで放送されていたのも見ずじまいになっていた。とにかく長い。
あらためて見てみると話は神話でなく中世のニュルンベルグが舞台となっている。今度の祭りでマイスターの歌比べをやる、優勝者には金物細工のマイスターが全財産を与え一人娘と結婚させると言い出して、話が回り始める。結局この娘と恋仲になった騎士が祭りで素晴らしい歌を披露してマイスターとして認められて優勝、ハッピーエンドになる、というのが物語の超あらあらだが、5時間もの舞台だ、色々枝葉が付く。ともかくワーグナーにしては随分柔らかなオペラだ。そうはいっても、これまでの世俗的権威(マイスター)の持つ堅苦しいしきたりの無意味さ、それにしがみつこうとする人の愚かさに対する批判が全編を通じて流れている。さすがワーグナーだ。初演は1868年だから明治元年ということになる、世界が激しく動いていたころだ。その時代

Img_4925

の沸き立つような雰囲気が背景にあるようにも思える。
 演出も趣向が凝らしてあって、舞台奥にニュルンベルク裁判の連合国の国旗が掲げられていたりして、ニュルンベルクという街の歴史的位置づけに思いが至るような雰囲気を与えている。連合国の権威が米英の政治の混乱で揺らいでいる今日世界を暗に揶揄っているようにも見える。
なかなかのオペラだった。

オペラを見るにせよ暑い昼間は大人しくしている他ないということもあって、最近、夜、星空の写真を撮っている。

手持ちの一眼レフ ペンタックスK-5に適合する簡易赤道儀機能の機器が大分前から売られていたのをふとしたことで知り早速入手して試している、O-GPS1という。カメラにもともとついている手ぶれ防止機能を星追随用に利用する。カメラの向き・位置

Yozora

はGPSナビゲーションの機能を持つO-GPS1が正確に把握してユーザーはカメラを3脚に固定して望む方向に向けてシャッターを切りさえすれば2-3分なら光学系が星の動きに追随して静止したように見える星の写真が撮れるというしかけだ。なかなか優れている。
自宅は福岡市の中心部・天神から直線で約4㎞のところにあり星などとても見えない気がしていたが、晴れた夜にO-GPS1を付けて2分くらい露光してみると、随分な星が写る。薄っすらと天の川も姿を現す。これは面白い。夏の大三角(デネブ、ベガ、アルタイル)をきっちり写すこともできて夏らしい(添付)。
300mmの望遠を使えば星雲が撮れたという例もネットで散見される。今度はアンドロメダ星雲にでも挑戦したいが何しろファインダーを覗いても見える星は限られている。これは狙いをつけるのが難しそうだ。

大げさな高価な機器を組み合わせなくとも手軽に天文写真が撮れるところは画期的だ、時代は進んでいる。

暑い夏も、どこへ出かけるというわけでなくともオペラを楽しんだり自宅庭から星を写したり それなりに楽しみ方があって、このくらいで済めば温暖化する地球も悪くもないか、そんなことを思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

「騎士団長殺し」

松本清張の「球形の荒野」を読んでいるときに村上春樹の「騎士団長殺し」の貸し出し順番が(ついに)回ってきたとのメールがあり急ぎ図書館から借りだした。発売と同時に申し

Kisidancyou

込んでやっと今だ。読んでみると、どこか2つの小説の筋立てに通じるものを感じている。勿論小説の質は全く違うが、いずれも事象の原点は戦争に関わった時代のスイス・オーストリアでありそこから脱出できたあるいは死んだという人の話が物語の湧き出し源になっている。

とにかく「騎士団長殺し」を読み終えた。村上春樹らしさに満ちた小説だ。
タイトルの騎士団長はオペラ ドンジョバンニの冒頭でドンジョバンニに殺される騎士団長とされる、騎士団長殺しの現場は画家雨田具彦によって日本画として描かれているがこれは
雨田がウイーンに留学中ナチス高官暗殺未遂事件に巻き込まれた記憶をメタファーとして絵にしたものらしい。騎士団長が飛鳥時代の衣装で描かれているという。ウイーンの事件そのものはこの小説の中での扱いはそれほど重要ではなくて、その騎士団長の姿で現れたイデアが重要な役割を担うという組み立てとなっている。
イデアとは何か。要するに観念のことだ、と主人公の「私」は少女まりえに説明している。愛そのものはイデアではない、愛を成立させているものがイデアだ、そう語っている。この言い方でいけば雲そのものはイデアではない雲を作り出している大気の構造がイデアである、ということになる、そうなのだろうか。ちょっと違うような気もする。
ともかくペラペラ喋るイデアの騎士団長という概念にどこか無理がある様に感じてしまう、本来は抑圧する側の観念を現すイデアなのだろうが小説の中の振る舞いにはそんなところは一つもない。メタファーに過ぎないのではないかと思ってしまう。
「私」は騎士団長の姿をしたイデアを雨田具彦の目前で殺害して地下の道を潜っていく。そこでは自分の観念が道を物理的に作る、広げる、それは何なのか、相変わらず説明がない。観念には実は実体がある、作者はそう思っているような表現をあちこちにちりばめている、そうかもしれないという気もする。勿論説明はない。
説明的でないようにしているところは俳句的ということもできる。くだくだ説明しているとリズムを失う空気感を失う。

「私」が絵を描くところ、肖像画を描くところ、そこはずいぶんリアルだ。概念を形にする、騎士団長の形にする、その人の真実を絵という形にするという登場人物の作業があって、一方で小説を作るという作業をしている作者が感じられる、それも同じ作業かもしれない。そこら辺が村上春樹なのだろう、どこか概念的な雰囲気にリアリティを与え、読者を楽しませる小説とすることに徹している。

結局は 形を借りる、それがキーワードかもしれない。妹コミがまりえの形を借りて現れる、まりえの母と妻ユズに雰囲気の共通性を与える、騎士団長殺しの形を借りてウイーン事件を描く、白いフォレスターの男の形を借りて「私」の邪念を描く。免色のような人、それは読者の心に投げかけているのかもしれない、どこかで見かけた人、読んでいる自分としては放送大学の「感性」の担当講師と無意識に重ねている、そういうことかもしれない。
騎士団長殺しというタイトルもしばらくは師団長殺しというワードで自分に入ってきていた、あの終戦の日の反乱ー日本で一番長い日ーで師団長が殺されたシーンと2重写しになっていた。形を持たせなければ概念は入ってこない。


最近 社説欄に 「「騎士団長殺し」(全2巻)は、歴史の暗部と向き合うことを読者に求める作品である。登場人物の学生は20歳で徴兵されて1937年の南京攻略戦に加わり、復学した後に自殺する。遺書には、上官に命令され、軍刀で捕虜の首を切らされた経験などがつづられていた。」
なる主張が載せられている新聞(西日本新聞)を見て少々唖然とした。局所的にはそのような記述はあるが 「歴史の暗部と向き合うことを読者に求める」 全篇を読んでそんなことを求められていると感じる読者は殆ど無いだろう。そんな小説ではない、こんな社説を堂々と発表する新聞の報道の偏りを、何でも自己の主張に利用してやろうというえげつなさをどうしても感じてしまう。有名な小説の有名税かもしれない、というかえば考えてみればこんなことは形を借りられてしまう、というところを本質的に持っているこの小説からなのかもしれない。

ともかく色々考えさせる小説だ、浸れる小説だ、ノーベル賞は取れないかもしれないが、何といっても村上春樹は面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

大ピラミッド展

エジプトにもいつかは行かねばと思っていたところへ、早稲田隊の吉村作治さんが企画・監修した大ピラミッド展という展示会が福岡に巡回してきた。2年位国内のあちこちを巡回

Entry

してきたらしい。これとは別だが昔宇都宮で、やはり吉村さんがセットした古代エジプトの展示会を見たのを覚えている。発掘資金集めの一環かな、観に行けば支援にもなってそれもいいか、とついふらふらと見にいってしまった。



この間みたラスコーの洞窟壁画は2万年前、こちらは5千年前だから、この間の変化が人類文明の進歩というとになるが、この1万5千年の間にピラミッドような超大工事を正確にやれるようになっていた、ということに尽きるようだ。

Miira

文字を使い、王国を築き、数々の工芸品を残すに至った姿からは一気に前に進んだ勢いを感じることができる。

しかし考えてみれば、縄文の始まりから現代までがおよそ1万年5千年だから1万5千年でこれ位の進歩というのはそう不思議でもない。進歩というのは所謂クオンタムリープ(量子的飛躍)の繰り返しだから、飛躍の度合いをきめる天才がどれくらい優れているかどの位いるかで進歩の速度は決まってしまうような気がする、古代エジプトでは天才の数が限られていたのだろう、まだ人類の総数が少なかったということかもしれない。氷河期でそれどころではない時代が続いていたということかもしれない。

展示品で感じるのはその色の華やかさだ、3000年前の木製のミイラカバーは鮮やかな色彩の細かい絵で埋め尽くされている。ミイラを作る技術とともに物を保存する技術も磨かれたのだろう。勿論乾燥した地域の地下で厳重に封印され続けてきたということもある。

Menk

日本のたった1500年前位の古墳から出土する木製品はこんな姿では到底ない。

展示品にはカイロ博物館の重要な収蔵品が多く含まれていて国内でこれほどの古代エジプトの出土品がカイロ博物館から出展されるのは初めてではないかと思われる。メンカウラー王のトリアード(添付写真)は思いのほか小さいが顔の細工も細やかでリアリティがある。これは。。と思わせる迫力がある。

日用品ではエジプト・アラバスターと呼ばれる半透明の石を加工してつくられていた水差しの巧みな技が印象的だった。今使ってもおかしくない、美しい。
目玉となっているアメンエムオペト王の黄金のマスクも立派だが金だけに古びたところがなくてそれがかえってこんなものかと、感慨がどこか薄い。

しかし並べられている展示品はほぼすべてが墳墓から出土したものだ、言わば墓荒らしの成果をみているようでどこかうしろめたさがある。そうはいっても大規模な建造物を除けば墓しか残っていない。ピラミッドもギザにある3つのピラミッド以降は総てがかなり崩れているようだ。
戦乱や大規模な自然災害を潜り抜けては洞窟か墓か或いは余程の大建造物しか残らない、結局そういうことだろうか。今後も5千年や1万年のスケールでは大震災だって核戦争だってあるだろう、これからでもそういうことかもしれない。ちょっと空しくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

ショウリョウバッタとお盆

お盆も近いというので例年のようにお墓の掃除に出かけた。歩いても行ける距離だが何しろ暑いし道具や花や持ち物もあるので車で行く。お盆の入りの日を控えてということもあって、墓地には結構な車が入っている。
適当に停めてお墓に近づくといつにもまして植物の茂り方がきつい。雨は少なくて日

Ichijiku

照りが強い方が生き物は生育が盛んなようだ、昔から日照りに不作無しというが本当だ。伸び放題の野ばらやら以前から植えられていたよくわからない小さな灌木が登り段をふさぐほどになっている。有無を言わさずばさばさ切っていくが、あれっと思う木が生えている、イチジクだ、実すらつけている。そういえば春には小さな葉っぱが出ていて何だろうと放っておいた記憶がある、こんなにまで立派な姿になったのか。ちょっとした感動だ。
その他ナンテンの葉も出てきているし、別のよくわからない木の葉も地面から出てきている。これは放っておくのが面白そうだ。
刈込も終わって片づけていると

Syouryoubatta

大ぶりの茶色い昆虫が小さな灌木の上にいる。逃げる風もなく見られてほしい風情でじっとしている。兎に角写真に収める。それにしてもなんだか不思議だ。
帰って調べてみるとショウリョウバッタという名にたどり着く。メスのショウリョウバッタだ。なーんだと思ったがショウリョウの漢字の字を見て少し驚いた、精霊と書く。
亡くなった母の命日は8月だ、お盆に魂が戻る、という説を信じたくなる。
そういえばイチジクの木も以前両親が住んでいた家にあった。

ショウリョウバッタはお盆のころに出現するバッタらしくイチジクの木もたまたま鳥が運んだ種が根付いたのだろう、しかし揃って墓参りの日に墓前に出現するとなにやら意味ありげに思えてくる。あれこれ結び付けてみたくなるのは人の心故のことだろうし、そういう風にして故人を偲ぶのも、人ならではのことなのだろう。

それにしてもお盆には不思議なことが起こる。やっと人並みにお盆を感じることができるようになったというべきなのか、そんなことを考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

2017年7月の福岡市南区周辺の野鳥

2017年7月の福岡市南区周辺の野鳥
夏の暑さが前面に押してきた感があり、クマゼミの鳴き声がいやましに大きく、野鳥の姿は追われるように少なくなっている。カワセミがしばしば見られたが暑さ負けか元気がない。

手元に残るメモからの観察記録は下記

2017.7.3 am6:00頃 福岡市南区長丘周辺の野鳥  中公園:ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、シジュウカラ、キジバト2、スズメ、 新市楽池:スズメ、バン3(親1+若1+ヒナ1)、カワラヒワ1、ドバト3、鹿介池:カワセミ2、ツバメ、バン声、アオサギ1、シジュウカラ4、ヒヨドリ、ムクドリ

2017.7.5 am6:30頃  福岡市南区長丘周辺の野鳥 中公園:ムクドリ20、スズメ16、ハシブトガラス1、メジロ声、ヒヨドリ、アオサギ1、ドバト2 新市楽池:、ドバト、バン2(親1+若1)、ツバメ、マガモ5、鹿介池:バン1、ハシブトガラス、ムクドリ、スズメ、メジロ、カワラヒワ2、ヒヨドリ、ハシボソガラス

20170712ban


2017.7.11 am5:45頃 福岡市南区長丘周辺の野鳥 中公園:メジロ7、ドバト3、スズメ5、 新市楽池:バン4(親1+若1+ヒナ2)、スズメ2、鹿介池:スズメ5、、ツバメ2、バン1、アオサギ2、ムクドリ3、ハシボソガラス1、

2017.7.12 am5:45頃 福岡市南区長丘周辺の野鳥 中公園:メジロ3、コゲラ1、ムクドリ5+、ヒヨドリ、キジバト、スズメ5、カワセミ1、ハシブトガラス1-2 新市楽池:バン3(親1+若0+ヒナ2)、ツバメ3、鹿介池:スズメ5、、マガモ1、バン1、アオサギ1、ムクドリ5+、

20170712kogera


2017.7.13 am5:50頃 福岡市南区長丘周辺の野鳥 中公園:メジロ2-3、ムクドリ10、ヒヨドリ、キジバト1、スズメ5、カワセミ1、ドバト2 新市楽池:バン5(親1+若1+ヒナ3)、アオサギ通過、鹿介池:スズメ5、ムクドリ8、

2017.7.19 am7:00頃 福岡市南区長丘周辺の野鳥 中公園:ムクドリ7、ドバト、スズメ、シジュウカラ 新市楽池:バン3(親1+若1+ヒナ1)、スズメ、鹿介池:マガモ1、ムクドリ7、ドバト、ハシボソガラス2

20170712aosagi



2017.7.20 am6:30頃 福岡市南区長丘周辺の野鳥 中公園:ムクドリ7、ドバト5、スズメ5、シジュウカラ 新市楽池:バン3(親1+若1+ヒナ1)、スズメ、鹿介池:マガモ1、ムクドリ7、ドバト、、ハシブトガラスハシボソガラス

2017.7.21 am7:00頃 福岡市南区長丘周辺の野鳥 中公園:カワセミ1,ムクドリ、ドバト、スズメ5、 新市楽池:バン4(親1+若1+ヒナ2)、スズメ、鹿介池:ムクドリ7、ドバト、ススメ、キジバト

20170713mejiro


2017.7.24 am7:00頃 福岡市南区長丘周辺の野鳥 中公園:カワセミ2,アオサギ1、ハシボソガラス、スズメ、 新市楽池:バン2(親1+若0+ヒナ1)、スズメ、マガモ2 鹿介池:マガモ1、ハシブトガラス

2017.7.25 am7:00頃 福岡市南区長丘周辺の野鳥 中公園:カワセミ1、 新市楽池 マガモ3 鹿介池:マガモ1、

2017.7.31 am7:00頃 福岡市南区長丘周辺の野鳥 中公

20170724kawasemi

園:カワセミ1、 新市楽池 マガモ1,バン3(親1+若0+ヒナ2)ハシボソガラス、スズメ2、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »