« ベルギー戦、ロストフ・ナ・ドヌの天気 | トップページ | クルーズ船で日本海を周遊 »

2018年7月11日 (水)

久しぶりの東京


このところ毎年のようにこの時期東京を訪れている、大学時代の同期会だ。
ともかく九州から東京を眺めていると、国内観光にに出かけるなら東京が面白いかもと思えてしまう。重要文化財は豊富で国宝もアレヤコレヤ色々ある。

それに東京でしか体験できないことが限りなくある。
 年一度の同窓会だけにわざわさ九州から出向くというと少しギョッとされるところを感じるが、こんなことでもなければ東京見物などしない。

今年は国立競技場の出来具合、絵画館、迎賓館、旧岩崎邸などをまわることにしていたが、まずは参議院の見学か傍聴が出来ればそちらの方をと期待の一番にしていた。初日の同期会その1の午前中は空いている、早めに行けば間に合う。関東にいた時も国会採決など見たこともないし今回は丁度話題の重要法案の採決でもある。本会議がもめて開かれなさそうでも見学はできるはずだ。どちらもダメなら森美術館にまわるかとプランCまで心に決めて出かけた。

当日地下鉄永田町から地上に出て辺りにたくさんいる警官の一人に傍聴受付の参議院別館への行き方を聞くがどうにも要領を得ない、傍聴希望に訪れる人はめった

Gijido

にいない雰囲気だ。やっとの思いでたどり着くと本会議は予定通り開会されたばかりのところで傍聴はできると言って整理券を渡される。整理券?とやや怪訝な思いで隣の窓口にこれを出すとすぐに傍聴券が発行される。こういう手順らしい、他に傍聴希望者の姿はなく係の職員だけが大勢いいてがらんとしている。
傍聴席までに筆記用具以外の荷物は全てロッカーに入れ議事堂内を色々歩いてやっと到達する、道順にそれぞれ人が立っていて迷うことは全くないがそれにしても職員が多い。傍聴要領が法律と規則で細かく定められているのだろう、不思議な世界だ。
やっと本会議場の重い扉を開け中に入ると傍聴者はまばらにしかいない。働き方改革法案の議決という重要な局面なのにも関わらずだ。本会議はまずTPP関連法案の採決があり働き方法案の採決となる。賛成、反対の演説が一渉りあったあと採決に

Sangiinn1

移る。演説はそれなりに面白くアバウトな感じの与党演説に盛んにヤジが飛ぶ、野党もややアバウトだが共産党の演説だけはキッチリ理詰めの雰囲気がある、未だに自分の党の中の民主化はさておき論駁には強い政党なんだと思ってしまう、ちょっと危険な感じがして面白い。

採決はボタン式だからあっという間に結果がでる、味気ないばかりだ。賛成164反対71。野党の対案もすぐに採決される、こちらは賛成78反対157。両案でキッチリ反対賛成が逆転でもないのは希望の党のように両方賛成という変な行動をとる政党があるからだと後で調べて分かる。

Sangiinn

しかし与党と野党の票がこのくらい離れていると採決の緊張感はまるでない。国会は形式だけの単なる手続き機関に堕しているのが素直に見えてくる。大勢の暇な職員に取り囲まれた形式だけの機関、何かおかしい。民主主義の機能のさせかたを元に戻ってよく見つめ直すべき時代に入ってきているように感じてしまう。ナチスが第一党になったのは民主的な選挙に基づいたものだった。民主主義の形を守れば必ずいい結果が出るという保証はない。もっと良い判断が導かれる方法があるはずだと広く考え直さねばならない、そんなことばかりを思ってしまう。

東京にいては却って感じ取りにくいことを外から見つめ直す、こんな機会を図らずも与えてくれる同期会はうまく表せない何かを持っている、そこが面白いところだとまた思ってしまった。

|

« ベルギー戦、ロストフ・ナ・ドヌの天気 | トップページ | クルーズ船で日本海を周遊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164785/66928408

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの東京:

« ベルギー戦、ロストフ・ナ・ドヌの天気 | トップページ | クルーズ船で日本海を周遊 »