« トイレタンクの水漏れをやっと直す | トップページ | オリパラが終わってもう20日 »

2021年9月20日 (月)

Lenovo G570パソコンのヒンジ修理が

メインに使っているノートパソコンlenovoG570の左ヒンジ部が少し変形してヒンジが外れたみたいになっている、隙間ができファンの音もどこかに当たっているのか、やけにうるさくなってこれは修理せねばという状態になった。特にファンのノイズと振動が日増しにひどくなる気がしていた。ネットで症状について、g570ヒンジ 修理、といったワードでいろいろ検索してみると、この型式のパソコンでは結構起こっている現象のようで、中古屋にヒンジが壊れたままのが出ていたりすることもあるという。修理の手順や動画など色々ネットに上げられていて、できそうではあるがほとんどパソコンをバラバラにしなくてはならないようで、本当にやるかどうか暫く迷っていた。症状は次第に悪化の兆候があり、数日前意を決して修理に取り掛かった。ヒンジ部分にたどり着くためには裏ブタ全体を外す必要があり、そのためにはバッテリーの下にあるネジ、キーボードの下にある隠しネジ、光学ドライブの下にあるネジ、ハードディスクの下にあるネジを外さなければならない、Paso1 ヒンジのそばにあるファンも外さねばならない。ネット情報に従って順に機器を外していくがキーボードがちょっと厄介だった。裏側の留めネジ3本を外してもきっちりはまっていて外れない。ネットでG570キーボード着脱として検索すると有益な情報が得られる、裏から押せるところがあってここを指で押すと左上隅が外れそこに薄いものを差し込んで横へ動かしていくとパチパチと止めが外れて上側が持ち上げられるようになり下の止めが外せるようになる。こんなことは現物とだけにらめっこしていても分からない。フィルムコネクターの大きいのを外すとキーボードが取れる。シールで隠された隠しネジを外し、そのほかの外すべきものを皆外してやっと裏ブタ全体が取れる。ヒンジ部にたどりついてヒンジを動かしてみるとかなりきつくなっていて固着に近い状態にある。この状態でパソコンの蓋を開け閉めすれば簡単にヒンジ取り付け部が破壊するということらしい。ヒンジ部のナットを緩めても界面活性剤をふりかけても状況はあまり改善されない。兎に角少しはもつだろうとネットで紹介されていたタッピングスクリューで強引にヒンジ金具を底枠の部分にねじ止めしてしまうというやり方を試す。根本的な解決ではなくあまりやりたくはないが他の幾つかの修理例もこの強引方式をとっていて、他のやり方は見つからない、しょうがない。兎に角裏ネジ2本でヒンジを再固定して組み立てに入る。元の姿に見た目戻ったところで電源スイッチを押すと全く反応がなく起動しない。これはまずい。
4時間以上かけた結果がこれでは頭Paso3 を抱えてしまう。おまけに肝心のヒンジ金具は電池取り付けのためにヒンジを180度近く開いたところでネジがすっぽ抜けたようでまたヒンジ部が変形している、元の木阿弥だ。何の成果もないばかりかパソコンそのものを壊してしまった状態だ。落胆甚だしい。
再分解しての調査は明日にして小パソコンで気象データ処理がどれくらいできるかやってみる。エクセル処理は外付けHDにあり使えるがこれに供給するデータを作るGMTの自作プログラムは本体側にあって使えない。5年位前のバージョンは小パソコンにも残されているが古くて今のMSMやGSMの仕様と殆どあっていない、バックアップを外付けディスクにこまめに残す必要があったのにそれをやってなかった、悔やまれPaso2 る。わずかに動くGSMの84時間後までの処理データで予測図を書いててみるがここまでだ。本当に頭を抱える。
翌日気合を入れなおして再分解しての調査に入る。つらつら考えるにフィルムコネクターあたりが怪しく思えていた。再分解は昨日の今日だからすらすら出来て直ぐにキーボード外しまでいく。大きめのフィルムコネクターを外してキーボードが外れるとべつの小ぶりのフィルムコネクターが一つ外れているのが見えてくる。これだ!昨日裏ブタ全部を外した時に気が付かないうちに外れたようだ。また壊れてしまっているヒンジを何とかしたいが、まずは再起動、と再組み立てに入り、電源を入れる。電源ランプはつかないものの、反応あり起動してくる。動作も問題ない。ファン音は掃除したせいかだいぶ静かになって我慢できる、ともかくこれでもう少し使ってバックアップもとって対策が思いつければまたやればいい。固着状態のヒンジそのものをばらすか切り離すか、といったことが必要になろう、頭を冷やして策を立てる必要がある。

とにかくパソコンはまた使えるようになった、そしてまただいぶ学んだ。G570の分解組み立てはためらいなくできるようになった。これくらい学べば今回は良しとするのだろう。それにしても疲れた。

(写真は上から、底板小を外した状態、右上のファンの上が問題のヒンジ、次はキーボードを外すところ、裏から推して左上から外していく、その次は問題のヒンジ(白いアルミプレート)回転させて下の枠に取り付けなおす必要 )

|

« トイレタンクの水漏れをやっと直す | トップページ | オリパラが終わってもう20日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トイレタンクの水漏れをやっと直す | トップページ | オリパラが終わってもう20日 »