2024年6月27日 (木)

ホタルは非日常に満ちていて

ホタルを見に、毎年のように行っていた那珂川の中ノ島公園を6月19日に訪れた。関東で那珂川というと栃木北部から茨城を抜けて太平洋にそそぐちょっと大きな川のことだがここ福岡では背振り山を発して博多湾にそそぐ川のことを言う。古代の 儺県(なのあがた)(魏志倭人伝に登場する奴国につながっているとされる地域)を流れる川 の意の、儺が川 が語源のようだ。呼び名からも長い歴史を感じてしまう。中流域にある川の緩やかな蛇行を利用した公園が今回の帆とる見物の中ノ島公園だ。夏至のころだから午後8時くらいになってやっと暗くなる。夕食を終えて一息入れてこれるので来やすい。駐車場もわずかに離れたヘッドライトが気にならないあたりに準備されている、那珂川市の市域で福岡市のようにクルマに冷たい行政ではないように感じられるところもいい。
去年はコロナの余波がまだ感じられて訪問に抵抗感があったが今年はそんなことはない。
いつも見る橋を渡った北側の奥で見る、それほど混んではいない。ホタルはいつものようにしっかり飛んでいて見飽きない。
飛んでるところを撮影しようと一眼レフと三脚を持ってきたのだが、シャッター開放のセッティングが暗闇で思うようにできず、ISOを上げて普通に暗めに写す羽目になった、準備はしてきたはずなのにいざとなるとうまくいかない、こんなことが少しずつ増えてきた気がする、年を取っていくということはこういうこHotaru0619ba1 となのだろうと思っている。撮れた写真を後で見てみると眼で見た感じと割と近い。飛行軌跡を後びかせる写真が一般的だが見てる時は動きはあるがそんな後引きは見えない。こんな写真もまた味がある。
2-30分くらい眺めて引き上げる。駐車場は無料だが一応駐車券が発行されて帰りにこれでゲートを開けて出るようになっている。出ようとするとポケットにしまい込んでいた駐車券がよれてしまって機械が認識しない、困った、いったん後ろの車に下がってもらって列を離れて駐車券を手でしごく、これしかやれることがない。やれるだけやって機械に入れると今度は何とか認識してゲートが開いた、何とかなったがこれは怖い。
 
やはりホタルは非日常に満ちている、そこがいいような気がしてきている。来年は何が起こるだろうか。

| | コメント (0)

2024年5月26日 (日)

九州交響楽団第421回定期演奏会を聴きに行ったら

3日ほど前、九州交響楽団第421回定期演奏会を聴きにアクロスまで出向いた。帰りは9時を過ぎることだし駐車場は5時以降定額1000円だしとクルマでいつも行っている。始まる前にアクロス地下などで食事する都合上5時少し過ぎたくらいに着くのが丁度いい。なぜかこの日はいつになく車の流れがスムースで信号待ちも引っかかるということなくすいすい抜ける、これはもしや5時前に着くかと気にしたがどうしようもない、ゆっくりと公道を走ることはかえって難しい。恐れた通り4時59分に駐車場入り口の発券場に着いてしまった、ここで1分粘るのはきつい。そのまま入る、結局出るときには1200円払う羽目になった、クールに見れば大した額でもないが数十秒で200円余分に取られたことがくやしくて、しばらくそのことが頭から離れなかった。
そんなことで早めについたのもあってめずらしく待たずにひらおの天ぷらのカウンターで夕食を取る、すべてが前倒しだ。食事を終わってもまだたっぷり時間がある。気になっていた進学祝いの贈答品をちょうどいいかと品選びして買ったり、時間があればそれなりにやることが進む。
いい時間になってゆったり入場するが中で次の定期演奏会の切符を売っているのでこれも買ってしまう、予定より早く動き出すととにかくお金が出て行ってしまうように出来ているのか、この世は、と思ったりする、そうかもしれない。
演奏会は指揮者がNKyukyo421b 響の下野竜也だ。ヘンデルの「王宮の花火の音楽」、シェーンベルクの弦楽四重奏のための協奏曲、(休憩)、ドヴォルザークの交響曲 第7番 というプログラムで、2曲目ではウェールズ弦楽四重奏団(2006年結成の国内の弦楽四重奏団)が加わる。
それぞれにKyukyo421 ヘンデルらしい端正さや、現代音楽というのに違和感のない聴き安さ、それに、陰に陽に流れるボヘミアのリズムの面白さを感じて楽しいコンサートだったが、演奏は楽器の配置も少々変わって音が今まで以上にクリアでかっちりしていて、九響ってこんなだったっけ、と思ってしまうほどだった。太田弦とはまた違う音が楽しめた気がする。
 
生きていくといいこともあるしアレっと思うこともある、それが楽しくて日々を送っているだよな、と改めて思ってしまったような気がしている。

| | コメント (0)

2024年1月 9日 (火)

九響のニューイヤーコンサートを聴きに行ったら

年が明けてもう8日もたった。年明けから世間ではえっと思う天災や人災が起こっていて大変な年になりそうな予感を漂わせているが、個人的にも、大事件ではないがこれは困ったということがいくつか起こっている。一つは台所兼食堂のレンジフードが動かなくなった、つまり台所の換気ができなくなるということが突然起こった。まともにガスコンロが使えなくなり大弱りだが来てもらった業者も正月だ連休だと重なって機器の入手が遅れているようでなかなか換装工事に入れない、困った状態が続いている。
そんな時予約していた九響のニューイヤーコンサートの日となり、終わって外食すればちょうどいいかと出かけた。今年はマロこと篠崎史紀がニューイヤーを指揮するのが目玉のようだ。曲ごとに篠崎はNewyear0107c1 説明の語りを入れ、クライスラーの曲のところではバイオリンも奏でる。なんでクライスラーがワルツ/ポルカの曲が並ぶニューイヤーコンサートで出てくるかというところの説明もあった。すぐ前に演奏したギャロップ「小さな広告」の作曲者ヨーゼフヘルメスベルガー2世がクライスラーの恩師であったというつながりというのだ。美しきロスマリン、愛の悲しみ、愛の喜びいずれも3拍子だ、そういうことだったのかと腑に落ちる思いだ。ずいぶん昔買ったクライスラー自演のレコードで聴いていたがウインナワルツとは、考えてもみなかった。曲目ごとに管楽器演奏者が出入りしたり小太鼓奏者が鳴り物をいろいろ鳴らして動き回ったり、眺めていても楽しいコンサートだった。年の初めにいいステージだったと気分良く帰宅したらかぶっていったニット帽を忘れてきたのに気づいた。3階の席だったこともあり暖房が効き過ぎで上着もセーターも脱いで座席を荷物だらけにしていたのが良くなかったようだ。アクロスの落とし物問い合わせのところにすぐ電話したが届いていないという。15年位前に旅行したカナディアンロッキーで氷河見物のツアーを待つ間に買った旅行の思い出の品だ。正月からがっかりだ。残念であきらめきれない、翌日もしかしてとまた電話してみるがやはりないという、今回はコンサートホールの管理事務所に届いているかもしれないとそちらの電話番号を教えてくれたので、やれることは何でも、と電話する。受けた女性の方に座席番号を伝えるとそれでは今から探してきますとあり、ややあって電話が鳴った。あった。驚くばかりに素晴らしい対応だ、日本もまだまだ捨てたものではない、転じて福の思いだ。すぐにクルマを走らせて引き取りに行く。

がっかりしてばかりいてはだめだ、今年はこれだと思っている。いいことを一つでも見出せば未来が見える。

| | コメント (0)

2023年8月22日 (火)

すぐ近くのスーパーサニーが閉店

今年の4月4日に近くのいつものスーパー「サニー長丘店」に家内と出かけると8月20日に閉店するとの張り紙が出ている、前日はこんな張り紙はなかった、張り出したばかりなのだろう。困るがどうしようもない、あと5分くらい歩くと別のスーパーがあるので死活問題というわけではないが結構遠くなる。予告の日の1月くらい前になると後には別のイオン系のスーパーが入るようだとのうわさを耳にするようになる、スーパーの開店は経済産業省が管理していて所謂大店法に基づいて開店申請があったら公開されるのだが、そんな正式情報はとんとない、どう見ても閉店後に別のスーパーがすぐ引き継ぐということはなさそうだ、来るとしても1年位の空白は生じるのだろう。
閉店の数週間前から生鮮品を除く日用品などの在庫セールが始まる、みるみる空の棚が増えていき閉店の三日くらい前になると殆んど生鮮品が売られているだけとなる、無残な眺めだ。「西友」のスーパーということになるが、「西友」自体はちゃんと利益を出しており、販売不振による閉店というわけではな さそうだ。現に同じ福岡市南区に「サニー福岡桧原店」を昨年6月23日に開店し、この4月27日博多区住吉に「サニー博多住吉店」を開店したばかりだ。店舗の密度が高い地域の直営店舗を閉め有望地域に新規開店し資源の有効活用を図っていると考えるのが妥当の様だ。「西友」は米国投資グループKKRが65%の大株主でこんなドライなやり方が米国流ともいえるのだろう。Sunnynagaoka0821
 
真夏に買い物距離が延びるのはしんどいが、また別の目でこの街を眺めるようになると思えばそれはそれで面白いかも、と思うことにしている。ヴィヴィッドに生きている街の姿は移ろいやすいのが当たり前、といえばその通りだ。
(写真は閉店日翌日のスーパー、撤収作業のクルマばかりが駐車場を埋める)

| | コメント (0)

2023年8月 2日 (水)

今年の芥川賞、市川沙央の「ハンチバック」を読む

7月19日に芥川賞受賞の発Hanchbackx1 表のニュースを見て直ぐこれは読まねばと、図書館に掲載誌;文学界5月号を予約した。単行本もすでに出ているがこちらは予約順番が200人以上で当分回ってこない、文学界の方は数人待ちですぐにも廻って来そうだ。7月27日に近くの館に届いたとネットで表示があり早速借り出した。文学界のページ数で28ページと短いのであっという間に読めそうな気がしたが、読み始めると文体が凝っていたり知らない世界の内側の描写ということもあって思ったより読了に時間がかかる。
テレビ報道で見た本人の重度障碍者の姿からはこの濃い文体の文章を描き出していく様が容易くは浮かばない、しかし明らかにこの受賞はハンディがある下駄をはいた受賞ではない、読めばすぐわかる、新しい視点・時代を切り開いている、どう見ても受賞にふさわしい作品で力量も十分感じさせる。あらゆる文には書き手がいる、そこを仕事とするこの作品の障碍者の姿はどう見ても作者本人の姿だ。話の展開には創作が骨になっているのだろうがディテールは本人の実体験と思える、重度障碍者のリアルな視点がこんななのかと新鮮な思いに包まれる。エロ雑文書きのアルバイトをするというのも作者の実体験が入っているように思えてくる、そうでなかったとしてもそう思わせる筆致がある。不思議な世の中になった、障碍者がネットを駆使して稼ぎながら生きていける世界。重度の障碍者の視点というものが重くもあるが新鮮だ。確かにこれは芥川賞だ、自らが時代を切り開いている姿がここにある。

| | コメント (0)

2023年7月22日 (土)

庭で採れたウメで梅干しを作る

今年は庭の白梅が沢山実をつけ、梅酒、梅ジャムをそれぞれ2瓶位作ってみたがまだ余るのもあってこの他に、梅干を試しに作ってみた。Netに幾つも出ている梅干しのつくり方をみればやり方は解る、面倒の少ないシソを使わない白干しとし、熟れたのがいいとあるので黄色く熟れた実を8個抜き出して作り始めた。塩はウメの18%(重量比)とあったのでほぼそれに従う、梅ジャムの砂糖よりはるかに少ないし安い。容器は金属を避けてまた土鍋を使うことにし、重しはペットボトルに水を入れたものを使った。梅8個であれば500㏄のペットボトル1個で丁度な感じだ。4日くらいその状態で置いておき、後は日光に当てて干せばいい、というのだがこの時分なかなか日が安定して射すという日が無くて困った。切れ切れに2日位は日に当てたが後は部屋干しとなってUmebosi1 しまった。干す段階で1週間位費やしもういいだろうと試食してみた。随分と塩辛くたっぷりお茶を入れるお茶漬けに使う位しか思いつかない。残りは冷蔵庫に保管している。梅ジャムは毎朝パンにつけて程なく完食したが、梅干しは元々殆ど食膳には出てこない生活だったこともあり有難味が薄い。塩辛いものは何となくためらってしまうのもある。表面の塩を洗い落とせば少しはいいのかもしれない。
ともかく今日この頃の街での生活では庭で採れたものを食べて楽しむというのは遊びのようなものだ、こんな風に時を過ごしていくことそのものが心地よい。

| | コメント (0)

2023年6月28日 (水)

一年振りの東京をこんなだったと思い直す

夏至も過ぎて暑い日が続く。先日大学の同期会が2つあって東京を訪れた、一年振りだ。往復マイルを使い飛行機代はかからないがこんなことができるのも今回が最後かもしれない。JALの運賃体系が今年の4月に変わって、マイル利用が以前のように気軽にはできなくなった、必要マイル数も増えて一度予約すると変更ができない、使いづらい。おともでマイルも廃止になった、これもコロナとウクライナ戦の余波なのだろう。しようがない。
行きはA350-900だが、ほぼ満席、コロナ明けの旅行ラッシュがあるのだろう。時間が少しあったので汐留エリアの新橋旧停車場やパナソニック美術館を見る。いつもの人の多い東京があTokyo1 る。マスクもほぼ全員、去年とあまり変わらない。ルオー展というのがパナの美術館で開かれていて、これを何ともなしに見ていく。ジョルジュ・ルオーは1900年少し前から活動を始めていて、これもアールヌーボーの時ということになるかと思いきや、あの彼独特のステンドグラス風の太い線を用いるスタイルは1910年代頃からTokyo3 で時代的にはアールデコだ、しかしそれとはまったく違う世界をつくり上げている。もうこの辺りから何時代というのは無理の様だ。びびっと来る絵がないまま歩いていく。展示の最後のセクションの9作品だけが撮影可だ、何でここだけと思うが他のセクションは出品者が撮影不可で出しているものが含まれているということなのだろう、しょうがない。それにしても60数点に及ぶ出展された作品のほぼ半分がここパナソニック美術館の所蔵というのにも驚く、思い入れがあるのだろう、それは何なのだろう、たどり着けない。
新橋旧停車場の遺構をみてもフーンと感じるだけだ、こんな日もある、これが年を取るということなのだろう。
一つ目の同期会で久Tokyo2 し振りの顔にであってリッチな昼食を食べながら緩い時間が流れていく。するすると時間は過ぎて解散後、宿をとった赤坂に移動する。ぶらぶら散策するが外国からの観光客も目に付く、街全体がおもちゃ箱のようで、ああこれが東京だったと思い直す。表現できないざTokyo4 わざわ感、時々この感覚を呼び覚ますのも悪くはない気もしている。

| | コメント (0)

2023年4月27日 (木)

突然スマホが変調して民主主義の崩れていく様を感じる

突然スマホのスグ電が機能しなくなり更に電話に出るのが随分と出にくくなり、こわれたかとドコモショップに相談に行った。あれこれやりとりして結局こんなもんだというような回答でもう少し使ってみてくださいとあり、ちっとも改善されない。もう一か月半になる。かかってきた電話がまともにすぐには出られない状態が続いた。ところが今日になってまた突然に電話がすぐ受けられるようになってスグ電機能も一応回復した。自分で何をしたということもないので恐らくドコモ側がソフトのどこかをいじったのが波及したのではないかと想像している。使っているスマホは富士通のF-05Jという機種だ。2018年から使っているのでもはや古いと言われればそうだがそうポンポン買い替えねばならないとしたらそれも問題のようにも思う、生活の基本インフラになりつつあるスマホだ。更にはアップルとグーグルという2つの私企業にスマホのOS全てが握られているというのも異様といえば異様な世界だ、民主主義のかけらもない。とても優しいといえる仕組みではないしそれを変えようとするでもない社会を我々は選びつつあるような気がしてくる。


ウクライナにしろこんなことにしろ、民主主義の壊れていく様を眼前に眺めることができる貴重な時代に我々は生きているのかもしれない、じっくり眺めねば。

| | コメント (0)

2023年2月 5日 (日)

政府の「エネルギー価格の負担軽減策」広告にごまかしが

 この国は少しづつおかしくなってきている、そう感じることが目につき始めた。新しい戦前とはこういうことかもしれない。

今日は新聞の資源エネルギーSigennenerg0205a2 庁の全面広告で 政府は「エネルギー価格の負担軽減策」で皆様を支援します、と出ていて、なかなかやるな、と思ってしまった。電気代とガス代の値引きを1月使用分(2月請求分)からはじめる、1kwh当たり7円、と書いてある。値引きの確認は利用明細などで とあるので手元に届いたばかりの九州電力の1月分電力使用料請求はがきを見てみるがそんな値引きの記載はない。九電の電話サービスに問い合わせてみると2月分(3月請求分)からだという、話が違う。資源エネルギー庁窓口に電話で問い合わせてみる。すると、1月から9月までが値引き期間ではあるが電力業者によっては2月から10月にしているところがある、期間は同じですのでそこは。。。ということらしい。新聞で宣言したことでも守られなくても多少は、ということなのだろう。1月の電力使用量は寒波もあって跳ね上がっている、1月の使用量*7円は10月のそれより明らかに多い、それを意図的に避けたように見えてしまう、形だけは取り繕おうとしているところが姑息な役人らしい。一種のごまかしなのだろう。


一昨日のマツモトキヨシのごまかしも今日の資源エネルギー庁のごまかしも、どこか似ている、ばれないだろう、このくらいはインチキしても大丈夫だろう、というところだ。こんな風にして世の中は少しづつ少しづつ曲げられていくような気がしてくる、行きつく最後は戦時統制経済だろうか、ちょっと寒気がしてくる。

| | コメント (0)

2023年2月 3日 (金)

値上げの動きがあちこちで目に付く

値上げの動きがあちこちで目に付く。中には店内の価格表示は安いままでレジを通すと値上げされた価格で処理されることがある、詐欺といってもいい、もしかしたら意図的にミスしたようにふるまっているのかもしれない。こんな店には2度と来るものかと思ってしまう。そんな目に今日マツモトキヨシ長丘で遭わされてしまった。店内の棚の価格表示は税込みで437円なのにレシートをみると税込みで481円が引かれている。Paypay払いだったので直ぐには気付かず店を出るところで何となく変な感じがしてレシートを見直して分かった。レジへ戻っておかしいというとレジ打ちの女性は対応できず上の人という人が調べてくれてPaypay返金処理して新たに手作業で正しい価格で打ち直してくれる。慌てて謝罪する様子もなく、何となく、ばれたかという風なところを感じてしまう。そういう店なのだろう。
久し振りの値上げラッシュはどこか人の心を蝕んでいくのかもしれない。寒々とした光景がこれからも展開されていくのだろうか。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧