2018年7月 2日 (月)

ベルギー戦、ロストフ・ナ・ドヌの天気

ワールドカップも佳境に入ってきた。
ベルギー戦は日本時間3日午前3時(現地時間2日21時、世界標準時2日18時)キックオフとなる。気になる天気をGSMデータからみてみると キックオフ時は
晴れたり曇ったり気温は23℃位、湿度は50%位で風も弱くいいコンディションとなるようだ。イラン方面からの暑い空気はカスピ海付近とやや東に寄っていてロストフでは前回のヴォルゴグラードのような高温はなさそうだ。

2018070218t850hp

ロストフ・ナ・ドヌは黒海の北東部の入江の様なアゾフ海に注ぐドン川の河口近くにあって、スタディアムは海の影響もあって涼しいのかもしれない。やや長い名前だが ナ・ドヌとはドン川に面したとの意らしい、もともとは単にロストフと呼ばれた地方で、似たような地名がほかにもあるので ナ・ドヌ が付いたということのようだ。人口は100万少しというから結構大きい都市だ。黒海を経て地中海に抜けられるという交通の要衝のようにみえる。ロシアにも色々な街があって面白そうでもある。
さてどうなるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

セネガル戦とポーランド戦の天気

19日のコロンビア戦はとにかく勝ったがすぐ次だ。やはり天気が気になる。

エカテリンブルクでのセネガル戦は25日深夜0時キックオフ(現地時間24日20時、世界標準時24日15時)だ、GSMによる天気見通しは前の予測よりやや良くなって、晴れたり曇ったり、気温は20℃くらい湿度は70%くらい風は北風が3m位吹きそうだが競技場の中はそうでもないかと思われる。ウラル山脈の東側で北緯56.8度と緯度も上がり昨日の
コロンビア戦よりは気温がだいぶ下がる事にはなりそうだ。

その次、28日23時(現地時間17時、世界標準時14時)キックオフのヴォルゴグラードでのポーランド戦で予選H組は決着する(コロンビア―セネガル戦も同時キックオフ)が、今のところヴォルゴグラードのキックオフ時の天気はかなり暑く、晴れで気温38℃くらい、湿度は15%くらい、風は北風が5mくらいとなりそうだ。緯度が48.7度とエカテリンブルクより大分南

2018062821kion

になることもあるがそれにしても暑い。昨日も33℃近くありこれより更に気温が上がりそうということのようだ、湿度が低く砂漠のようでもある。イラン方面からの暑い空気が北に延びてくるようだ。(添付は28日日本時間21時の1500m高度気温分布予想図)。
少し調べるとヴォルゴグラードはヴォルガ川に面した街で(競技場のすぐ東がヴォルガ川)、フルシチョフのスターリン批判があるまではスターリングラードと呼ばれていたという。何だスターリングラードとはここだったのかと思ってしまう。第2次世界大戦でナチスドイツ軍が激戦の末初めて決定的な敗北を喫したことで知られ、これ以降ヒトラーは一直線に破滅に向かうことになる、歴史的な街だ。昨日試合のあったサランスクからは南に600㎞位の位置で、カスピ海の西北とも言ってよく、こんなところまでよくも攻め込んだものだと思ってしまう。戦争の狂気は恐ろしいし、それにしてもロシアは広い。さてどうなるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

コロンビア戦とセネガル戦の天気

ワールドカップが始まって夜遅くの試合にひきずられる生活となって何とはなしに寝

Saransk

不足となる。ともかく次の日本戦は6月19日日本時間21時キックオフ(現地時間15時、世界標準時12時)のコロンビア戦@サランスクだ、まずは天気か気になる。GMS全球モデルの予測値を見るとロシア・サランスクのこの日の天気は晴れ、キックオフ時の気温は25℃程度、湿度は40-45%位で風もなくからりとしていい天気となっている。いい季節なのだろう。(添付図は6月19日日本時間21時の上空約1500m(850hp高度)の気温分布予測。サランスクはドイツあたりと似たような気温のようだ)
サランスクはどこかというと東経45.2度北緯54.2度でカスピ海と黒海の中間を北に伸ばしてロンドンより少し北くらいの緯度となる。モスクワからは東南東に600kmあまりで何となく位置が頭に入りにくい。モルドヴァ共和国の首都とあるがウクライナとルーマニアの間に挟まれたモルドバ共和国とは全く別の国だから更にこんがらかる。RとLの発音の差だけでカタカナ表記は苦し紛れの区別になっている(ヴァとバは発音も綴りも原表記では同じ)。ヴォルガ盆地の中の地方の一つということになるがこのヴォルガ河も源流がたった標高225mの丘に発しているという水たまりの様な川なので日本の感覚では随分とわかりにくい、本当に緩やかな起伏なのだろう。色々解りにくいところだ。ロシアは広い。
その次のセネガル戦はエカテリンブルクで日本時間25日深夜0時キックオフ(現地時間24日20時、世界標準時24日15時)だ。エカテリンブルクは東経60.6度北

Yekaterinburgx

緯56.8度と更にサランスクの東北になる。アジアとヨーロッパの境目辺りということらしい。当日の天気は雲が多く気温は20度前後所によっては小雨かという感じが今の予測だ(添付図は当日の地上気圧配置と雨域予測図、エカテリンブルクは西の高気圧と東の細く縦に延びる高気圧の間に入る、はっきりした雨はない見込み)。今朝の気温は8℃位でまだ朝は寒いようだ。実測データは http://www.weathercast.co.uk/world-weather/weather-stations/obsid/28440.html。エカテリンブルクとはよく知らない名前だったがロシアで4番目に大きな街というからロシアのことはまるで解っていないとまた感じる。初めて知ることだらけだ。

ワールドカップは世界を広げる、世界が一つになれることがあるとリアルに感じる、そこがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

久しぶりにサッカーを観に

久しぶりに地元福岡のJリーグ、アビスパのサッカーを観戦した。相手は水戸ホーリーホックだ。ファンクラブ会員に配られる2枚の切符を今年はまだ使っていなかった、そろそろ使わねばという思いが半分以上あった。今年はここまでスタディアムに足を運んでなかったのには、DAZNでしか中継を見られなくなってDAZNが見れない身としてはサッカーに少し興味が薄れてきたというのがあるような気がする。


JリーグはDAZNで何とか見ようという熱心なファンを固めることはできても、野球のよう

Soccer

な大きな支持を獲得しにくい形にはまっているのではなかろうか、大丈夫だろうか、そんな気がしている。

この日の観客は8000人くらいで普通というべきだろう、増えてきたという感触はない。2連敗後の試合という、今年の順位成績にとって重要な試合と思っていたが昨年見た試合よりもむしろ空席は目立っていた。

試合の方は0-0の引き分けだった。アビスパのエースストライカーが出場停止となって最後のところでゴールに入れきれないイライラがあったが、ボールキープは去年見た時よりもよくなっている感じで、J1に上がれれば去年の様なボロボロの降格は無いだろうと思わせた、確かに前進している。

アウエー席では水戸ホーリーホックの多くないサポーターが精一杯の声援を送っている。遠路はるばる訪れたサポーターにどうしても冷たい扱いをホームのスタディアムはしてしまう仕組みになっているようだ、アウェーのユニフォームを着てのメインスタンドでの応援はお断りします、となっている。遠来のサポーターを温かく迎える観戦にはならないスポーツのようだ、優しくない。
こんな排他的なスポーツは今の時代に取り残されてしまうような気もする。 一方で子供たちの純粋な応援している姿が目に付いて、その中で観戦できる楽しさもある、悪くない。

見終わって駐車場から出ようとすると、譲りあうという雰囲気の全くない殺伐とした我さきの空気にうんざりしてしまう。福岡という街の情けなさが露骨に出ている、いまだに市職員ですら飲酒運転を無くすことのできない情けない街でもある、そうなのだろう。

サッカーをスタディアムに見に行くと、色々なことを考えてしまう、刺激的なところを色々体験する、そんな全体が面白いように思える。また出かけてみよう、そう思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

電子的不満

最近、クルマを新しくした。
驚きがしばらく続いている。直面するのは電子化・自動化だ、ちょっとついていけなくなってきたかなと思い始めている。

17万キロ走った前のクルマも最初はDレンジで走ると思うような走行にならずマニュアルモードをメインにしてやっとなじんできた、という経験がある。今度はもっと手ごわい。

まず気になるのはサイドブレーキだ。サイドブレーキが電子化されて小さなレバーを押したり引いたりしてサイドブレーキをかけるようになっている。

フットブレーキを踏みながらでないと解除できないし見た目今ブレーキがかかっているかどうかはわからない。さわっても解らない、計器表示だけだ。

信号待ちでサイドを引いて足を休める、サイドを下ろしながら発進するなどということが少し面倒になった。勿論、簡単にする仕掛けがあって、サイドブレーキがかかった状態でアクセルを踏むと自動解除されてレバー操作はいらない。しかし安全のためどこかのドアが半ドア状態では自動解除されないようになっていて、一度交差点で半ドアを直せないまま発進せざるを得なかった時にふかしてもなかなか動き出せず冷や汗をかいたことがあった、そんなことが一度でもあるとアクセル自動解除はなるべく使いたくなくなる。
標準と少し違う運転の仕方になると余計な手順が増えて、間違いそうだ。

その他にも細かい違和感はたくさんあって未だに慣れない。
ギアシフトはマニュアルでもできるがシフトレバー操作でなくてハンドルのレバー操作で上げ下げする、どうにもメカニカルな感触がないし慣れない、すぐに操作できない。
ナビの取り付け位置もやや下にあって走行中にちらちら見ると危ない気がして知らないところを気楽には走れない。立派なドライブレコーダの再生もクルマではできず、SDカードを抜いてパソコンで見るほかない、前つけていた格安タイプの気軽さがない。
渋滞で追従モードにして自動で前車に従って走るのは楽だけれど自分で運転していないのはどこか落ち着かない、自動ブレーキのタイミングも遅い気がして慣れない。
助手席のシートベルト未装着やはみだし走行や、とにかく警告音がよく鳴る、何だろうと暫くわからないまま不安を覚える時がしょっちゅうだ、まだ慣れない。

前のクルマのように性能を最大限に引き出して意のままに操るレベルにいつになったら到達できるのだろうかといささか自信を失う。電子化は明らかに進んでいて細かく調整されているところは感じるが自分なりのクルマのイメージとはどこかずれている、慣れるしかないのだろうが電子的不満に慣れるには思いのほか時間がかかりそうだ。

Dazn 慣れないことは車に限らない。
Jリーグが開幕して今年はサッカー中継はDAZNでパソコンで見るほかないようなので とりあえず申し込んで1か月の無料試用期間を体験しているが不満だらけだ。
テレビにパソコンをつないで見ることになるが、画像が鮮明でない、接続がよく切れる、特に終盤の大事なところでよく切れる。こんなのにお金を払えというのは無理だ。まともな商品といえる代物ではない。こんな状況にはとても慣れそうにない。
試合が地元である時はサッカー場へ見に行けということなのだろう。Jリーグ運営側にとっては資金は入るしサッカー場へ足を運ぶ人も増えそうだしいいことずくめなのだろうが、楽にサッカーを楽しみたいと思う自分のような身にとってはどこか腹立たしささえ感じる。ひとまず解約してしまった。ともかく、ここでも直面しているのは電子的不満ということになる。

それなりの時がたてば不満というものは雲散霧消し気持ちの良い生活が送れるようになるのだろうが、残り時間が気になるような年頃になってくると、世の中についていけなくなったままで終わるかもしれないというそこはかとない不安がどこか漂うようになる。

Sakurahibaru ともかくもすべてを受け入れるほかない。桜がやっと満開になり美しく散り始める様をゆるやかに眺めるように、楽も不安も取り混ぜてただただ眺めて過ごすのも悪くはないのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

アメリカズカップ観戦

アメリカズカップのワールドシリーズが福岡であってPh43日間続けて海上からあるいは浜からそれを見ていた。
もう死ぬまでこんな光景は見られないかもしれない、と思っていたが、実際にレースを見て振り返るとどこか感動が残らない。
海からの観戦にはとりわけそんな感触があった、多分レースを戦っている人の姿が遠すぎて人の努力が伝わってきにくいということがあるのだろう。音も殆ど伝わ
Amercasc1ってこないしレースの推移もいまひとつ解りにくい。
これに比べ浜の有料の観覧場所で見るほうは、距離が近くてやっていることが分かりまだ伝わってくることが多い。日本艇がレースに勝ったりすると浜全体が盛り上がってスポーツ観戦らしくなる。浜でヨットレースを観るなんて、と始めはいぶかしく思っていたがそうではなかった、十分に支払った見返りがあった。
海上観戦ではレースそのものよりレースを観る雰囲気
20161119mult11が面白い。普段は見かけない巨大な帆船や不気味な船などが狭い場所にひしめく。そんな非日常の風景が今となっては頭に残る。
ヨットレースはローカルな内輪のレースであってもやはり自分でやるほうがまだ面白い、そんな感覚ばかりが今となっては結局は心にあるような気がする、こんなこともアメリカズカップを見てみないとわからないことだったのかもしれない。

アメリカズカップとは何か、解説すると以下のようになる。
20161118mult1851年に第1回が開かれた国際ヨットレースで今回のシリーズは第35回になる。国際スポーツレースとしては 近代オリンピックより古い歴史がある。
現在は、来年6月に英領バミューダで行われる本戦の前哨戦としてとして、米国も入れた、日、仏、英、ニュ-ジーランド、スエーデンの計6か国で世界を転戦しながらワールドシリーズというレースをここまでに計8回行った、第9回目の福岡のレースがこのシリーズ最後のレースとなる。
ワールドシリーズで上位の艇には来年5月にバミューダで開かれる予選(ル イ・
Amercasc4_2ヴィトン・アメリカズカップ・クオリファイヤーズ)で有利なポイントが最初から加点される。予選の勝者が引き続き行われる本戦で前回優勝のカップ保持者である米国オラクル艇と戦い勝者を決める、という段取りになっている。
日本からはソフトバンク艇が出場しておりソフトバンクと
縁の深い福岡が今回の会場に選定されたということのようだ。
現在アメリカズカップ全体のスポンサーはルイヴィトンと
Amercasc3Amercasc2_2 なっていて今回のレースは正式にはルイヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ福岡と呼ぶようではある。

今回のアメリカズカップ・ワールドシリーズ福岡では 11月18日が公式練習
Amercasc6日で19,20日で3レースずつ計6レースが行われた。レースはヤフオクドーム裏の地行浜沖で行われ地行浜には有料の観戦スペースが設けられた。浜からの有料観戦という形態は国内では初 めてと思われる。
コースは風に
よって変わるが基本的に浜からの観戦を重視して浜寄りに設定されとりわけゴールは浜近くになるように設けられていた。
各国レース艇の基地は小
戸の福岡市ヨットハーバーに設置され、いつも利用しているヨットハーバーの有様がAmercasc7一変したのも面白い。

競技艇はAC45Fという統一規格艇となっている。艇の長さ13.45mのカタマラン(双胴船)で、これに高さ21.5mの航空機の翼のようなソリッドなセイルをつけていて、人力で上下する水中翼も装備している。風が5m/s以上くらいでは水中翼を利用して浮き上がることができ、この時の速度は普通のヨットの4-5倍くらいになってとにかく速い。恐るべき艇だ。浮き上がるほどの風がない時Amercasc5でも傾ければ片方の艇体だけで抵抗を少なく走れるが安定して片足走行を続けるのは難しそうだ、操船にはかなりの技術が要求されるようにみえる。
搭乗員は5名+ゲスト(操船に関与しない)1名となって
いる。スキッパーは操舵・全体指示に、クルーはセイル・フラップ操作調整、ジブおよびジェネカーの展開・収納、重心移動、水中翼の上下 等かなり忙しく俊敏性とともに相当の腕力・体力を必要とするという。

日本チームは結局シリーズ総合で5位となったが、来年
5月の予選で這い上がれるかどうか。やはり気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

福岡マラソンのファンラン

福岡マラソンというのが福岡市の秋の大イベントになっているのもあり、参加するのもいいだろうと5.2kmのファンランを走った。
当日は風邪気味であまり体調がいいというわけでもない。朝7時くらいに福岡市役所前に行って身支度をしたり荷物を預けたりヨット仲間と記念写真を撮ったりするのだが、11月の朝7時は結構寒い。
着込んでは走っているとき暑くなる、どんないでたちにするか悩ましいが結局ヨットスタイルで上下ともラッシュガードでそれに福岡マラソンTシャツ、長めの半パンとした。懸念した通り路上での長い待ち時間では結構冷えるがしょうがない、我慢できないほどではない、走り始めて少し行くと今度はこれでは少々暑かった、と思い始めた。やはり着るものが難しい。
主に出発前に水分補給できるようにと小サイズのスポーツドリンクを持って走ることにしたが、これはおおむね正解だったように思う。5kmの間は給水ポイントもない。5kmでは走行中に飲む必要性も感じないがスタート前の待ち時間には飲みたくなるし飲んでおいたほうがいいように思う。
スタート時刻の8時20分はまだ市役所前の道路に整列していて天神パルコ前のスタート風景は全く見えないし列は微動だにしない。スタートの感激は全くないしスタートの号砲すら聞こえてこない。暫くあってようやく列が歩き始めてスタートラインのほうへ動きだす。スタートラインが近づくと少し小走りのようになってやっとマラソンが始まるのかと感じ始める。待望のスタートラインを超えたのはスタート時刻の12分後となった、ファンランは最後尾スタートなので覚悟はしていたが、やはりずいぶんと遅くなる、じれったい。
スタートラインを超えると急にペースが上がる。心拍数のモニターでは予定の130を軽く超えてくる。抑えなければと、思い切り抜かれていくのをあきらめてペースを落とすが、やはり無茶には落とせずいつもよりずいぶん速く走ってしまう、心拍数は150位を示してどうしたものかと思うがそれほど苦しいという感じでもないのでそのまま150くらいで走り続ける。しかしずいぶん速いペースだ。
1kmも過ぎてやや安定して来た時、今度は左の靴がパタパタと音を出しておかしくなる、靴底が剥がれ始めたようだ。まいった。足の上げ方や下し方を変えてみたりしてFukuokamt4 剥がれていく靴底がなるべく地面を打たないようにするが、そう効果はなくてパタパタという音と違和感は次第に増してくる。そのうち全部剥げてしまいそうだ、その時は片足はだしで走るのだろうか、それもつらいが・・・とも思ったりして心が休まらない。(写真は投稿されたYoutube映像からの切り出し、4km付近)
走りにくいのを無理して走っているということもあり一度上がった心拍数は下がってこない。街の景色を楽しみながら走るという事前の期待は全く実現されない状態でとにかく走る。4kmをすぎてもどうにか靴底は全部剥がれてしまうということはなく、これは何とか5.2kmのゴールまで持つかもしれないとの気もしてくる。左の靴がほとんどバラバラになりかけた感じの時にやっとの思いでゴールする。一応スタート時刻から65分内という制限時間には収まった。
しかし、替えの靴は手荷物にも入れていないし、これでは家まで帰るのさえやっかいだ。救護所がすいていそうなので靴を縛る紐が少しもらえないかと相談すると親切に対応してくれて、荷造り用テープで固めてくれた上に、足の具合もついでにみてくれる、幸い足には無理は行っていないようだ。一応まともに歩けるようになった。
荷物を受け取り着替えしてバスで帰宅する。バスは普通に運航している、交通への影響を最小限にするよううまく仕組まれた市民マラソンだ、日曜の朝にスタートして市Maeathon の中心部の出発地点からすぐに遠ざかってしまい街中には戻ってこないというコース設定にはこういう配慮もあるのかと思ってしまう。
博多駅前の穴の補修といい福岡マラソンの運営といいこのところ福岡市の運営の手際よさを見せつけられるような感じもする。
一休みして計測したラップタイムデータや携帯で撮った写真をパソコンに入れて見る、写真は距離設定間違いでぼけているが少しは記録になる。雰囲気は残る。
(写真はスタート前風景)

ラップは通常の練習よりやや速いが心拍数の割には速くはない、マラソンの走りになっていない。こ3fukuokamtちらは反省が残る。

やはり5.2kmでは満足感はあまり得られない、そんなことを感じてしまう。しかし42.195kmはどう考えても無理だ、体のどこかが
壊れそうだ。そうはいっても、靴を直ぐ買いなおして少なくとも分速120mで長い距離走り続けられるランニング練習を直ぐにでも始めようか、という気にもなっている。その辺の心の揺らぎが面白くて、心に任せて解き放つように時を過ごしていくのがいいのかなとも思い始めている。マラソンはやはり生命力のようなものを与えてくれるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

感動を失いつつある日々と

福岡マラソンというのが11月13日にあってこれに5.2kmのファンランで参加することにした。5kmならこれは走れるだろう、街中を走るのは面白いかもしれない、そもそも市民マラソンの雰囲気とはどんなものだろうか等々が興味の焦点だが、とにかくやれるうちにやれることはやってみよう、くらいの感じだ。
次第に日が近づいてくると本当に走れるだろうかと気になりだしてトレーニングとして近くの公園を周回して5kmを走っている。基本的に心拍数をモニターしながら走るのが自分のやり方なので当面心拍数130となるように走っている。
Running 走ってみると大体分速100m位となって50分くらいで走れる。ゲートが閉まるギリギリのスピードだがとにかく走れるので一安心だ。ラップを見ると自分では気が付かないがラップを重ねるごとにゆっくり速度が落ちてくる。運動不足なのだろう、まったく体が鍛えられてない感じがする。

当日はどんな感じになるだろうか。気象庁の1か月数値予報では高気圧が張り出し始めて一応晴れそうだが、どうなるか。雨なら棄権かとも。弱気なところはなかなか去ってくれない。


10日ほど前、新福岡古典音楽祭の催しの一つストラディヴァリア・ナント・バロック・アConcert2 ンサンブル のコンサートを聴きに行った。
福岡で毎年開かれている音楽祭だが、ヨーロッパの古典音楽は端正でちょっと面白い気がしている。
今年はフランスバロックがテーマのようだ。
ストラディヴァリアの名前からストラディヴァリウスを並べるのかとも思ったが楽器の説明など一切ない、いい音色だがストラディヴァリウスかどうかはよくわからない。ネットで調べても判然としない。想像にお任せしますといった風情がフランスらしいといえばそうでもある。
いかにも宮廷音楽の響きがある、眠くなる。ジャン=フェリ・ルベルのバレエ音楽「四大元素」が演目にあり、不協和音で始まることで知られているようだがこれも心地よく聞けてしまう、こういう雰囲気だったのだフランス革命前のフランスはと思う。モーツアルトがフィガロの結婚を書くほんの10年位前の曲だ、こんな世界は長くはもたない、そんな気もする、虚飾に満ちたとまではいかないまでもどこか空々しいきらめきがある。音楽は正直だ。

なんとはなしに感動がない。

Cyoujyuu 先週、鳥獣戯画展が国立博物館で開かれているというので見に行った。
平日だが人が多い。
列が長くじりじりと進んでいく有様なのですいているところから飛ばしてみて、列が動かないところは2列目からとやや離れてみる。
国宝だが有名なウサギのところはふーんというくらいで全く感動がない。確かに漫画的に生き生きしているがこれ位なら絵師なら描いて当然くらいに思ってしまう。絵の内容そのものに大した興味がわかないということもあるのだろう。
坊主が修行しているさまを茶化したように書いているあたりは人間的で面白い。新聞に使われる政治漫画そのもののような気がする、人のやることは大して進化していない、そういう意味ではすごいというべきなのだろう。

それにしても近頃は感動するということが少なくなったように思う。先月の現代俳句の選句では1000句くらいある投句に1句も感じるものはなく選句できなかったということがあった、なんだか感じなくなってきている。


以前のように知らず
らずのうちにまた時間追われている生活なってきたからではないか、手で物を作ることをしなくなったためではないか、やはり歳のせいだろうか、いろいろ考える。暫く中断していた梅の絵を仕上げることから始めてみよう、そんなことを思っているが、どうなるか。

福岡マラソンですこしでも感動があればよいのだが。そんな風にも期待して時々走っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

やっぱりサッカーが

アビスパ福岡のサッカーを時々見ている。

Avispa サッカーは観方がちょっと難しい。
スタディアムに見に行ったり、テレビで見たり、ネットで見たり色々だが、そうはスタディアムにも行けないのでテレビで見ることになる。一時スカパーのJリーグセットを契約してみていたが見る頻度の割には金額が高くやめてしまったのでテレビで見れるのもそう多くは無い。後はネットだ、テキストの速報を追っていきゴールシーンだけ後で見ることになる、うまく見れれば海外の怪しいサイトで中継を無料で見れたりもする。どういう仕掛けでこんなことが可能なのか、いまだによくわからないが接続の安定が今一で肝心なところで映像が止まったりして中継としては不満は残ることが多い。結局色々取り混ぜて試合を追いかけることになる。面倒といえば面倒だ。こんなんではやはりサッカーの人気は限られてしまい頭打ちになるように思える、やはり普通にテレビで見られるようにならないと、そう思う。
最近、Jリーグと英国のダゾーンとの放送に関する長期高額契約が成立した。高い放送権料を販売することでJリーグは経営の安定が期待でき,一方で10年で2100億円の放送権料を払っても、ダゾーンがスカパーの月3000円のJリーグセット利用料金より十分安い(今のままなら月1750円だがこれでも安くはない)金額での有料ネット視聴を可能にできるならJリーグファンを増やしてくれJリーグの規模拡大につながる可能性も出てきたと思える。少しはいい方向に向かいそうだ。

アビスパは少々うんざりするような試合がこのところ続いていたが9月7日の天皇杯トーナメントでのJ2レノファ山口との対戦はなかなか面白い試合となった。これはBS1の中継で普通に見れた。
レノファ山口というチームは認識していなかったがJFL--J3--J2 と毎年昇格して今J2で7位だ、今後の成り行きでは6位以内に滑り込み3位から6位で行われるJ1昇格トーナメント戦に出場できてJ1昇格を掴まないとも限らない。ちょっと勢いを持っているチームらしい。J1降格の色濃いアビスパとは好対照でいい勝負になりそうだ。
試合は例によってアビスパの単調な攻めで守備がいいともいえない山口をなかなか崩せず一方で組織的な攻撃が光る山口の攻めを守り切れず結局1対1で延長となった。延長後半終了5分前くらいでアビスパが勝ち越し点を取り久しぶりの勝利を見れるかと思いきや終了間際押し込まれ守りがすべて崩されてあと1分か数十秒かというところで1点を失い同点に追いつかれた。疲労困憊ながらほとんど手にしていた勝利がするりと逃げた。続けてのPK戦ではレノファ山口のキーパーが2つのセーブを果たしついに山口が勝利をつかんでしまった。劇的な試合だ。冷静にみれば攻めの技術がどうみても上回る山口が勝ち上がるのは順当な様に思える。アビスパの応援としては不甲斐ないが、勢いのいいチームが登場し試合として面白ければそれでいいような気もしている。


2日前(9月10日)はアビスパ‐川崎戦を切れ切れのネット中継で見ていたがこのところ続く不甲斐ない攻めと頼りない守りでアビスパの完敗となった。この位負けが立て込むと監督の責任が問われそうだがそういう雰囲気でもないところはどこかに甘さがあるチームなのだろう。


考えてみればJ1だJ2だというチームが地元にある都市は恵まれていると思うべきだ。少々の甘さや不甲斐なさやそんなものすべてをくるめて郷土チームを応援できることそのものが面白い、そんな気がしている。やっぱりサッカーが好きなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月16日 (土)

心拍計その3

肉離れで痛めた足がやっと運動しても何ともなくなったようなので、またスロージョギングを始めた。1年ぶり以上になる。
スロージョギングには心拍計が必需品と以前使っていた腕時計タイプの心拍計をつけてみたが殆ど測れなくなっている。5年位前に買ったものでもう大分前から計測信頼性が低くはなっていたが全くと言っていいほど使えなくなるとちょっと困る。
ネットで色々探してみるHartratesと腕時計タイプは激安というほどに安いものがネットで幾つも引っかかってきて驚いた、1000円台からある。中国勢が頑張っているようだが信頼感が薄い。使っていたものも買って1年もするとうまく測れないことが多くなり、指で押し直しばかりでいらいらしながら走っていた。
腕時計タイプのいらいらに少々懲りて今度は胸に巻くタイプとし、マルマンから出ている手頃なものを発注してみた。
正月休みを挟んだせいか送られてくるのに2週間近くかかったがとにかく手に入って使い始めてみる。今のところうまく測れている。以前にも格安の胸にまくタイプを買ったことがあったがこの時は1年しかもたなかった。耐久性が問題だ。
近くの公園の周回コースが1周215mなのでラップタイムを計れば速度もモニターしながら走れることになる。GPSを持って走ればいいのだがなんとなく道具過多の感じで気が進まない。やりすぎない程度にきちんと走るのがいい。

それにしても、ランニングは益々盛んになってきているのを実感する、周りにもランニングを日常的に行っている人がいくらもいる。じっとしていられないのが人類の性分なのだろう、人のやりたいことの一つには、そんなことが入っているのだろう。

人の幸せとはなんなんだろうと思うと、そのどこかに気持ちよく走るということがあるような気がしている。そんな人類が心強くもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)