2024年6月24日 (月)

香春の採銅所に古代の先端技術を感じて

筑豊にあるKawaradka 香春岳は全山石灰岩の山で戦前からセメントの原料として削られてきた。そびえていた主峰一の岳は映画「青春の門」に撮られたころまでは未だ一応山の形があったがもはや見る影もない。香春は先祖代々の地でもありこの山については調べなくてはと常々思っていたが思うに任せず、手始めに引っかかっていた香春岳の採銅所を少し調べてみた、奈良の大仏の銅はここからきているという言い伝えをどこかで聞いていた。郷土史誌「かわら」の採銅所特集号など読んでみたが、奈良の大仏の銅に香春の銅が使われたことは当時の状況からそうとしか考えられないがきっぱりした書き物があるというわけでもないようだ。しかし東大寺の記録である「東大寺要録」には大仏の銅には西海の銅を使ったとあり、当時の西海は九州のことを指すと考えるのが順当と思われる(当時の行政区分である西海道は筑前豊前他九州島内の九国及び壱岐対馬のことであった)。香春は豊前国に属しており、当時有力な銅山であった香春の銅が使われたと解するのが普通の読み方なのだと思われる。いずれにせよ大仏には500トンもの銅が使われており、当時の国内の有力な銅山はすべからく銅を大仏に提供したと考えるべきで、香春の銅と同じ香春岳/平尾台/秋吉台とつながる石灰岩層に熱水が貫入してできたスカルン鉱床である長登銅山を含めた多くの銅山からの銅が使われたと思うのが順当なのだろう。
平家によって大仏殿は破壊され大仏も一部を残して溶けてしまったようだがそれを2度までも復元した先人の熱意には驚くべきものがある。それにしても8世紀によくもこれだけのものを国内で製造しえたのだと思う。55年位前に大学で工学を学んだ時にこれを取り上げて講義で語っていた教授がいたのを薄っすらと思い出す、当時の最先端技術の結集だったようだ。
まだまだ調べてみなくてはな、そんなことを思っている。

| | コメント (0)

2024年4月28日 (日)

買って2年しかたたない冷蔵庫が故障

のんびりと春を過ごしていて心地良い季節なのだが、嫌なことも起こる。最近の嫌なことには買って2年しかたたない冷蔵庫(シャープのSJ-GW35H)のLED庫内灯が突然消えたということがある。たかが庫内灯と思うが冷蔵庫を開けるたびに薄暗くてよく見えず情けない思いを日に何十回とする羽目になると結構重い。こんなことは自分の人生でも初めてだ。販売店に問い合わせると延長保証契約をしていなければメーカーに依頼する有料修理となるということでやむなくWebからメーカーに修理依頼を出す。2日後にサービスが現れて状況を見るが部品が手元にないので入手次第修理するという。連休明けかとあきらめていたらその2日後の午前、部品が入ったので午後うかがうと連絡が来る。とにかくてきぱき対応はしてくれるのはいい。予定時間にKibanomoteやや遅れて再びサービスが現れ10分もかからず交換終了、1万円くらいの修理請求書を追って郵送すると言い残して去っていった。とにかく治ったので一段落だが後味が悪い。使い方が悪くて故障したものでは明らかにない、製品に内在していた欠陥が露呈した故障といっていい、それを有料修理というのは普通ののセンスでは得心できない。ネットで類似例を少し調べると冷蔵庫のLED庫内照明の故障は結構多いようだ、同じメーカーのほとんどそっくりな症状もいくつも引Kibanura っかかる。もう少し調べるとLED照明の故障をもたらしやすい要因としてLED基板の熱設計がうまくいっていない場合があるようで今回の症状もこれのように思えてくる。(例えば日亜化学の「LEDの熱設計について」というノートが理解の助けになる)。冷蔵庫の冷え方は特に問題ないのでメーカーとしても設計が甘くなってしまうところなのかもしれない。(写真は今回不良のLED基板表/裏)。
複雑化が進行する現代社会ではこのくらいのことは避けがたくおこってしまうということのようにも思えてしまう。
 
得心できなくともすべてのことはあるがままに受け入れる、これしか生き延びていくことはできない世の中になってしまっている、そんなことを想っている。

| | コメント (0)

2023年12月22日 (金)

福岡モビリティショーに行ってみる

朝新聞を広げると、片隅に福岡モビリティショー今日開幕とある、いわゆるモーターショーの福岡版だ、モーターショーは世の動向の一端が見える気がしてこれまでもなるべく行くことにしていた、会期は25日までなのでもういくらもない。明日からは予定があって動きにくいのでエイッと今日出かけてみた。駐車場の位置を確かめて出発する。当日券で入ることになるが放送大学の学生でありJAF会員の割引も使えるはずなので入場料はそう気にはならない。大雪に注意と朝からマスコミはうるさいが気象データを見る限りまあクルマでは行けそうだ、スタッドレスにも替えてある。会場のマリンメッセの東側の駐車場にクルマを入れる、会場には西側から入るようになっていてマリンメッセの建物外周を半周させられる、結構歩く。クルマ利用者には親切な催しではないようだ、前はもっと行きやすかった記憶があるが、クルマ社会を認めたがらない福岡市の姿勢がまた強くなったのかなとも感じる。10時くらいに入場する、国産車のA館からみるのだが、ダイハツの参加が急遽取りやめになったこともあるのだろうが、クルマの展示がずいぶん少ない印象がある。スバル、トヨタ、日産、ホンダと一応は並んでいるのだがマツダやスズキはどこに置いてあったのか見た記憶がない。e-carの時代に向かっているように思っていたがその雰囲気はあまり漂ってはこない。大丈夫かな、そんなことも感じる。B館に2輪と海外のクルマが展示してあるが、目を引くのはBYDのe-carだ。動かしてみなければ本当のところは解らないが未来的でシンプルで仕上がりも日本車と同等のように感じてしまう、これまでの中国車というもののイメージを変える時代に入ったようだ。
空飛ぶクルマの試作機もあったがこれがクルマと同等に移動に用いられるまでの道のりの遠さを感じてしまった。こんな形では今日のような荒天の日にはとても使えないだろうし場所を取り過ぎる、交通ルールの確立も容易とは思えない。


何だか未来が少し見えにくくなったな、そんな印象を持って会場を後にした。

Motorshow20231222a Motorshow20231222b Motorshow20231222c

| | コメント (0)

2023年12月 2日 (土)

ブログのアクセスが突然増えて----OpenAIのホストに読まれているようだ

数日前からブログのアクセスが突然増えて、どういうことだろうと少し調べた。アクセス元のIPアドレスは52.230.152.xxxというものが大半だ、使用されているOSやブラウザ名は不明、アクセスしているページ名は表示されないがURLは表示されているのでどのページが見られているのかはすぐわかる。今迄にアップしたページをランダムのように1ページ1ページ読みに来ていて時々10分間かそれ以上の間読んでいる、全体にマシーンが読みに来ているようだが振る舞Accessblog いは人間的だ。IPアドレスからは米国アイオワ州デモイン(des moines)というところからのアクセスとわかる、聞いたことのないところだがとは思うがこれはAIかもしれないと iowa des moines AI で検索すると、分かってきた。

やはりAIだ。chatGPTの開発で知られるOpenAI/Microsoftの開発拠点がここデモインにあり「アイオワ州では、OpenAIの最も先進的な大規模言語モデルであるGPT-4の発祥の地であることを知る人はほとんどいなかったが、Microsoftの幹部がスピーチで「文字通りデモインの西にあるトウモロコシ畑の隣で作られた」と述べた」とAP通信の記事(2023.9.9付け)「AI Technology Behind ChatGPT Built in Iowa Using Lots of Water」で紹介されている。この地では大量の良質な水が容易に得られそれがスーパーコンピュータの冷却に欠かせないのだという。ここのスーパーコンピュータがネット上の情報を片っ端から吸い上げてChatGPTのような生成AIの出してくる質問への回答を作っているということのようだ。

変な時代になった。これを書いているこの書き込みもChatGPTに吸い取られてしまうということになる。ちょっと不気味だ。
規制というものの埒外でいかようにも書き込みが使われるというのはまかり間違えば恐ろしい言論統制にすらなりうる。人類は一体どこへ向かっているのだろうか。

| | コメント (0)

2023年10月 6日 (金)

「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」特別展を太宰府で見る

太宰府の九州国立博物館で「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」という特別展が開かれていると新聞やテレビで紹介があることもあって、平日なら混んでもいないだろうと出かけた。ここの博物館で気になるのは昼食をどうするかだ、コロナ前なら博物館の1階コーナーで簡単な食事ができたりホテルのレストランも出店していたりで昼食の心配はなかったのだが、コロナ以降食事施設はすべて閉じられた。それでもキッチンカ―が来たりしてなんとか食べれるようにはなっていたのだが念のため電話で確認するともうキッチンカーはやってないという。ビジネスとして成り立たなかったのだろう。ともかくコロナ以来世知辛く窮屈になってきた感をあちこちで感じる。しょうがない。昼前に出て途中のファミレスでランチを食べることにして出発する。
1時少し前に入館、そんなに混んでいない、見るにはちょうどいい感じだ。予備知識は殆どなかった、インディジョーンズが出てきそうな古い遺跡がメキシコにはいくつもあるという位だ。後で調べるとこの展示会は今年の6月-9月の期間に東京の国立博物館で開催されたのが巡回してきたもので、ここを終わると来年2月は大阪となっているようだ。それなりの規模だ。遺物の年代は最も古いもので(写真左のひすい石偶)紀元前11-前5世紀位で表記に5-Dsc_0158x 600年の幅を持たせてある、出土品だけからは年代決定が細かくはできないようだ。縄文後期くらいだ。アメリカ大陸の原住民はベーリング海峡を越えて北米に入ったと言われておりどこかで縄文とつながっているかもしれない。デフォルメされた人物像はどれも大きな耳の丸を持っていて気になる、福耳が豊かな印だったのだろうか。小さな粘土像のリアルな造形も気になった(写真下左から3つ目)、可成り巧みな技術を持った民族のように思える。16世紀前半にスペインの侵攻を受け略奪破壊で文明は終わる。最後にスペインの収奪を逃れた金製品が最近発見され展示されていた。何とも痛ましい思いがする。それにしてもこの文明はどのようにして形成されたのだろうか、古代メキシコの壮大なピラミッドには実はエジプトの知恵が伝わっていたということはないのだろうか。
人類は本当はどのような歴史を経験してきたのだろうか、まだまだ謎だらけだ、そんなことを考えながら会場を後にした。

Dsc_0187x Dsc_0173x Dsc_0196y Dsc_0217x

| | コメント (0)

2023年6月 9日 (金)

AIとアメリカジガバチと

このところ AIを何らかの形で規制すべきという議論がうるくなってきているが、とにかくAI技術は進み方が早く未来に大きな影響を与えうるのは確かなようだ。チャットGPIでまだ遊んでいる、トンチンカンさは相変わらずだが和文英訳をさせるとgoogle翻訳よりもこなれた英語を返してくれるとか、色々使いでがあるようだ。
近頃進んできたと感じるのは写真に撮った花などの生き物の名前の判別だ。Googleの画像検索では以前は的外れな回答が結構あったのだが、このところ調べているものは100発100中の感じだ、ハキダメギクなど一発で判定してくれた。裏でAIが動いているのは間違いない。 つい2日ほど前でも、外の井戸水の蛇口の近くで見かけない蜂の様な虫が湿った地面を盛んに気にして何かやっているのがいる、何という虫だろうととりあえず写真に撮って(下の写真)一段落したところでgoogleの画像検索で調べると、出てきたのは英語のページばかりで、mud-dauberと出る。初めて聞く名前だが写真を見る限り殆どあたりの様だ、信じられないくらいあっさり当たる、日本語のページが出てこないのはそれを書いたページが少ないからなMuddauber0607a のだろう。日本名を探す方が骨が折れる。Sceliphron caementariumという学名から辿って日本語のページを探すとアメリカジガバチという名称に行き当たる。どうやらこれがmud-dauberの日本名のようでこのアメリカジガバチの画像を検索して出すとまさについ先ほど自宅庭に現れた虫と同じとわかる。AIの助けを借りなければボケた写真からここまでたどり着くことは容易にはできなかっただろうと思う、いい時代になった。
日本大百科全書(ニッポニカ)のアメリカジガバチの項では日本には戦争直後の1945年に侵入、原産地は北米とある。米軍が物資とともに連れてきた虫ということになる。平凡社世界大百科事典では1946年東京付近に侵入ともある。いずれにせよ敗戦の象徴的な虫の様だ。これまで見なかったように思うのは栃木に長く住んでいたためなのかもしれない、栃木には米軍進駐の痕跡は殆ど見られない。ここ福岡は朝鮮戦争のおかげもあって長らく米軍が居座っていた、アメリカジガバチが如何にもあちこちに住み着いていそうだ。
もしかしたら世界での米軍の展開とアメリカジガバチの世界的分布は一致しているのかもしれない。思いは拡散していく、面白い。

確かに事物の認識という基本的なところにAIは強力な影響を与えうる、人類はこれを警戒しながらも便利に使って認識の地平を拡大していく方向に進んでいくのは避けがたいことなのだろう。

| | コメント (0)

2022年12月 7日 (水)

サッカーのクロアチア戦も終わって

ワールドカップサッカーも日本チームがドイツ、スペインをまさかの逆転勝利で破り随分な盛り上がりを見せていたが、クロアチア戦のPK戦であっけなく敗れてしまい、あーあの感が抜けない。
クロアチア戦は午前2時頃起きだして延長後半からテレビで見た。自身の戦前の予想は延長に入りPK戦になるだろうというものだったので、2時頃目が覚めてちょうどいいかもとスマホのワンセグを寝床で見るとやはり延長だ。これは大きなテレビで見なくてはと居間の暖房を入れて見始めた。延長後半からだ。両チームともに疲れが明らかでパスミスも目立つ。これは危ないかと思いきや結構攻め入ることもあって互角で時間切れとなった。PK戦の惨憺たる状況をつぶさに見て、しょうがないな、とまた寝た。
勿論ビデオには録ってあって、昨日今日見直しているが、PKの勝敗は偶然とばかりもいえないのかも、と思ってしまう。日本チームのキッカーの球の軌道は明らかに低い、地面付近だ。これではキーパーの飛ぶ方向が当たれば殆ど失敗するのは当然のように思えてしまう。恐らくPK戦を想定した練習などは十分にはやられてないのかな、と思ってしまう。クロアチアはこれまでも何度もワールドカップでPK戦で勝ち抜いておりきちんと取り組んで対処してきたのではと思わせる。この大事な時に正面にまっすぐ蹴って成功する選手までいる、キーパーは誰でも、まっすぐ蹴られれば多分それが一番入る確率が高いと言うと聞いたことがある。本番で実践できるかということなのだろう。
ビデオでゲームの初めから見直していると審判の判断が妙に日本にきついと思ってしまう箇所が幾つも出てくる、審判団はアメリカだ。何かあるのかな、とどうしても思ってしまうが、壁を突破するときにはそんなものともどうしても戦わねばならないのだろうと思えてくる。壁の一つにそんなものもあるのだろう。戦前の国際テニスの世界にもそのようなことがあったと戦後暴露された歴史も思い起こされる。サッカーの歴史はまだまだ数百年位は続きそうな気がする、先の未来では昔はそんなこともあったのか、と歴史の一コマに落とし込まれていくのだろう。これからどう展開していくのか、サッカーの先行きが楽しみだ。

| | コメント (0)

2022年9月20日 (火)

台風14号が過ぎて秋が本番

久し振りの大型台風が通り過ぎてやっと秋らしくなった。もうすぐお彼岸だ。猛暑だ猛烈台風だと騒がしいがいつものサイクルで季節が巡る。
今度の台風は色々面白いところがあった。まずメディアの騒ぎ方だ。
目が殆ど福岡市付近を通ることは予測計算で大分前から明らかだったがその時点でも上陸の可能性があります、程度のアナウンスでぼかしていた。そんなに自信がないのかいと思ってしまう。旅行業者から圧力でもかかっているのだろうか。
近づいてくると手のひらを返したように経験したことのない大型台風が来ると危機感をあおる。誰の経験なのだろうか、予報官の人生での経験なのだろうか、言葉がクリアーでない、理性的でない、説得力がないようにも思えてしまう。九州では大量の水蒸気フラックスが宮崎のあたりにぶつかり続けて災害を引き起こしたが、こういうことをきちんと予測し表現し伝える努力をすべきのように思ってしまう。漠然とした危機感を煽るだけではアバウトすぎる。もっとも予測技術もそこまでたどり着いていないのかもしれない。
今度の台風で奇妙に思えたのは、数値予測のMSMとGSMで風速の予測が大きく違っていたことだ。(MSMはMeso Scale Modelの略で、日本付近を5kmメッシュの細かい網目で大気をモデル化し数値計算したもの、GSMは Global Spectrum Model (全球モデル)の略で20kmメッシュの網目で地球全体を計算するがここでは日本付近の解として発表されるものを指す。)
例えば福岡市ではほとんど目が通るという予測にもかかわらずMSM予測計算値は6m/s程度の風速しか事前には示しておらず、吹き返しの風予測も4m/s程度だった、一方でGSM予測値では目の通過前で約15m/s、吹き返しで15m/s弱の値を予測していた。アメダスで計測された風速は目の通過前で10m/s強、吹き返しで15m/s弱で、目の通過前では全体としてはMSMにやや近く通過後の吹き返しではGSMがいい値を予測していたことになる。ゾンデ計測データを見るとMSM計算値は1000mより上空ではまずまずではある。地形の影響で地上付近の風はきっちり弱くなるようにモデル化されているようでありMSMは陸上付近ではすべからく弱めの風を予測しているようだ。GSMでは地上付近を弱めるモデルが大して入っていないため目の来る前の風が山地を抜けて地上を伝ってくるような場合には風が強めに出るように見えてしまうが、目が通った後海上を吹き抜ける北風が吹き返しで入るようになると地形による減衰がなくおおよそ予想通りの強い風が吹いたことになったと思われる。
数値計算による風の予測が完全ではないところに台風の通過では予報はなんかあってないなと感じる元があるように思えてしまう。こんな予測技術の現状では災害予防の立場から大げさに言わざるを得ないのだろう。


所詮未来予測だ、きっちりはなかなか予測はできないのは当然だ。まだまだ人類の科学技術など幼稚な段階にあるのだろう。

100年後には気象も地震もぴたりと予測できるようになるだろうか、もっと先までかかるだろうか、いずれにせよ少しずつ前へ進んでいけばいつかはそこまでたどり着けそうな気がする。そんな未来が見れなくて、残念ではあるが自分のDNAの一部がそこまでたどり着けばそれでいいような気もしている。

Msmfukuoka1a Gsmfukuoka1a

Msmkazex091822jst

(添付図 上左:MSM福岡計算/計測比較 上右:GSM福岡計算/計測比較 いずれも台風14号通過前後  下:MSMによる地上風推定図9/18 22:00JSTの図、台風中心は川内市付近、九州内陸部は殆ど薄い青:5-10m/s、海は大半が薄い緑:15-20m/s以上と予測している )

 

| | コメント (0)

2022年8月30日 (火)

インスタへのアップをクロームからエッジに変えたりライブメールのサインイン要求を消したり

コロナで外出を抑えているせいか、いまだに毎日結構な時間をパソコンに使っている。それなりにおやと思うことがパソコンには時々起こる。今月のおやはインスタのアップとライブメールに関するものだった。

インスタへの投稿は殆んどパソコンでアップしているがこれまで愛用してきたグーグルクロームからアップしようとすると10日くらい前から「何らかのエラーが発生しました」とでてなぜかアップできなくなった。Error 最近はエッジからでもアップできるようになっていてこれを試すとこちらは問題ない。ファイヤフォックスでもアップできる、勿論スマホからはアップできる。クロームだけがおかしい。何でこんなことが起こるのかよくわからない、クロームというブラウザの問題のように見えるが何のアナウンスも見つからない。とにかく今はエッジからアップしているが理由が分からないおやは嫌になる。

メールソフトにはサポート終了とはいえ使い慣れたライブメールを未だ使っているがこのところサインインしてくださいというメッセージが毎回出てこれに悩まされていた。無視してメッセージを消せば普通に動くが要求されたサインインを行おうとしても何故かうまくいかなくてこの警告メッセージを消すことができずにいた。実害がないのでしばらく放置していたが矢張り煩わしい。、
とにかく対処法をネットで探すとそれらしいのが出てくる。要するにライブメールからOneDriveに自動的にアクセスするような状態になってOneDriveを開くためにこのような要求画面が現れるということらしい。OneDriveへの接続をしないという設定にすれば解決するというのでライブメールの ファイル ー> オプション ー> メール として 接続 タブをクリック、Windows Live サービスへの接続 の サービスの中止 ボタン押す 更に出てくるメッセージに サインインの中止 ー> OK としてライブメールをいったん閉じて再開するともうサインイン要求メッセージは出なくなった。とにかく解決した。

大したことではないが、疲れる。勿論例えば気象データの取り込みや処理には毎日のように不規則な処理をせざるを得なくなったりする事態が発生するので、これくらいは、とも思うがGAFAやMicrosoftという独占企業体がこの有様なのは何となく未来が思いやられる。
あらゆる意思決定プロセスの透明化を監視し続けねばと思う、それが未来へ向かう我々に課せられているようだ。

| | コメント (0)

2022年6月17日 (金)

パソコンG570のファンを交換

パソコンLenovoG570の不調が続いていた、ビープ音が起動時になり続く、時々キーボードエラーが起こる、キーボードを換えてもまただ。キーボード交換の時によく見ると冷却ファンが回っていないように見える、そういえばだいぶ前からファンは異音を発しこのところは動作音もしなくなっていた、直ぐに発注するがまた中国からの配送で2週間はかかりそうだ。届くまではダイソー調達の小型扇風機で風をパソコンに当て続けて動かす。やっと到着して早速交換する。発送元は香港で10日足らずで到着している、中国本土からよりは少しは早いようだ。久しぶりの静かなファンだ。まともになった、と思っていたら、起動でまたビープ音が鳴る。色々やってみるとCtrlとAltキーを交互に押したり同時に押したりしていG570kyboad0617a じっているとビープ音がそのうち止まるようだと気づく。そうとわかればあまり気にすることもなくなってきた。でもやはり気にはなる。ビープ音が鳴るのはメモリーの接触が悪いかもとも思い直し、そういえば以前「メモリーがReadになりませんでした」エラーの時「Windows メモリ診断」を実行するとよくなったことを思い出して以前のブログを読み直しながらこれをやってみた。
結果的にこれが効いたようでこれ以降起動時のビープ音はしなくなった、何故かキーボードエラーも無くなった。何でハードのトラブルが診断だけで解決するのかいまだに疑問だがとにかく直ればいい。ファン交換で静かに心地よく動いていてひとまず今回のトラブルは終了だ、まだまだこのパソコンを使っていこうという気になっている。

トラブルを思い返していくと結局はファンが壊れたまま暫く使っていたことが引き金で色々なことが起こってきたような気がしている。ファンが変な音を出し始めたらすぐに部品調達をかけるのが賢明のようだ。壊れたものは修理すればいい、またそういう時代になってきたような気がしている。

少しは知恵が増えた。トラブルも解決すればいい思い出となる。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧